2018年06月23日

投げ方のコツ(4)

(前回からの続き)


腕の振り方のコツ(2)

肩口に「支点」を置き、「力点」を肘において腕を振り下ろしてみても上手くいかなかった場合、次のことが考えられます。

1.腕を振り下ろす「力点」の肘の意識、感覚が充分でなく、ボールを持っている手
首や指先の感覚の方が強すぎる。
  (円運動の遠心力が働いている感覚がつかめない)

2.手首を十分に内側に曲げてボールを持っていない。
(ボールの重力が遠心力を大きくする要素だが、手首を内側に曲げてボールを持っていないとボールが途中で手から落ちるのではないかと無意識に指先に力が入り「力点」が手指に移ってしまい遠心力を殺いでしまう、結果は思ったほど飛ばないのです)

3.「支点」である肩口を上下、または前後に動かしている。
(ボールは遠心力の働きで飛んでいきます。この遠心力は円運動ですので、円の中心点が動いては円運動になりません。円の中心点である肩口が投げ始めの時の位置と投げ終わりの時の位置が動けば円運動にはならないので遠心力は働きません。
 バックスイングの時、肩を前に倒し、ボールを手から放す時に背を伸ばして肩を後ろに引けば「支点」が大きく動いて遠心力は働きません。体力と手先の器用さ上手で投げることになります。)

4.「支点」を支える体幹、下半身、踵が腕の振り下し時、振り上げ時、ボールを手から放す時に背伸び(膝や腰を伸ばす)捻る(肩、腰、膝など)浮き上がり(踵)をして 「支点」を上下、左右に動かしてしまう。
(円運動の「支点」である肩口を支えているこれらの体の部位(体幹、腰、膝、踵)を動かさせば当然「支点」である肩口が動いて円運動でなくなり、遠心力が働きませんので、あとは体力だけで投げることになります。)

気をつける部位=腰、膝、踵



以上4つの点を注意して「力点」が肘にあることの感覚をつかんでみてください。その時こそボールは体力だけでなく遠心力が働いて飛んでいくのが体感できると思います。


上記で紹介しました「ペタンクの投球のコツ」は、拙書「ペタンクの投球法」(100ページ・700円)で詳細に解説しております。

「ペタンクの投球法」頒布ご希望の
お問い合わせはメール(makiik@yahoo.co.jp)でどうぞ。



投げ方のコツ(4)



同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事画像
ペタンクに良い季節
炎暑が続く
極暑の日本
29日、納涼ペタンク競技会。
梅雨が明けます。
上手くなるにはコツがある。
同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事
 ペタンクに良い季節 (2019-08-27 23:44)
 炎暑が続く (2019-08-16 22:41)
 極暑の日本 (2019-08-09 15:58)
 29日、納涼ペタンク競技会。 (2019-07-30 23:45)
 梅雨が明けます。 (2019-07-26 18:14)
 上手くなるにはコツがある。 (2019-07-06 17:18)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
投げ方のコツ(4)
    コメント(0)