2018年06月14日

投げ方のコツ(3)

前回、投げ方のコツのひとつとして安定したフォームの作り方を記しました。

腕の振り方のコツ
 今回は、ボールを投げる時の腕の振り方のコツです。

ボールを投げる時、腕を後方に振り上げますが、遠心力を出来るだけ大きくするために「より大きく後ろに振り上げ」たいのですが、フランスの選手ダイアン・ロッシェ氏のようにはいかないと思います。また遠心力を上げる要素にはもう一つ「振り下ろすスピード」を上げることですが、これとて円運動の中心点を動かさずに正確に腕を振り下ろすことは体幹がしっかりと出来ていないと容易ではないことは周知のことです。


 では、この腕を振り下ろす時、腕のどの筋肉、箇所に留意して投げていますか。

ボールを持った指、手首を目的に向かって振り下ろすのはよいのですが、そのボール、指、手首を意識して、力を手、指に集中していませんか?

もし、そのように投げているなら遠心力を有効に働らかせていないのではないでしょうか。

 ボールを放す瞬間、手先で方向と距離感を微妙に微調整するコントールをしていませんか?
遠心力、円運動は慣性力ですので、ボールを放す瞬間に手先でコントロールしても上手くはいかないと思います。

 では、どうすればよいのか?  といえば、力を入れる点、即ち「力点」を肘におく意識を持つことです。

一流の野球の投手はそのことをよく知っていて投球した後のフォームを観ると肘はまっすぐに伸びています。「テコの理論」なのです。肘に力を集中しているのです。ただ野球の投手の場合、肘を捻ることが多いので肘にストレスがかかり傷めることがあるようです。
ペタンクの投球の場合は、下手投げですので肘を捻って投げることはまずありません。
投球時の肘は

「テコの理論」から言えば、ペタンクの場合、投球する腕の働きでは肩口が「支点」で肘が「力点」手首が「動作点」になると思います。

「動作点」の手首に力を入れるのではなく「力点」の肘に力を入れることを意識します。腕を振り下ろす時に肘を目的点に向かって伸ばすように投げてみてください。「動作点」であるボールを持った手首の返し、手指の開きが楽になると思います。
この投げる時の感覚を身につける練習をします。ボールを投げる時、腕を振り下ろす時のコツは「肘」にあるのです。これが腕を振り下ろす時の「コツ」です。ボールを持った手首は円運動の慣性力でスーッと前方に上がってきます。

試してみてください。



同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事画像
太白区の60歳以上の皆さん!ペタンクです。
「体幹」をブラさない
ペタンク競技を始める
彼岸です。
ペタンクしませんか‼
投球時、上腕三頭筋って?
同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事
 太白区の60歳以上の皆さん!ペタンクです。 (2019-05-16 18:58)
 「体幹」をブラさない (2019-05-13 23:16)
 ペタンク競技を始める (2019-04-12 19:24)
 彼岸です。 (2019-03-19 17:54)
 ペタンクしませんか‼ (2019-03-05 00:38)
 2024年オリンピック種目に「ペタンク」? (2019-02-21 23:52)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
投げ方のコツ(3)
    コメント(0)