2018年06月02日

投げ方のコツ?(2) 


両足を逆ハの字に開く

前回、上半身の姿勢で頭が体の中心から前にあるとボールを投げる時、腕が上がりにくいと書きました。

さて、ボールを勢いよく前へ投げました。その時、背伸びするようになっていませんか。踵が浮きませんか。
ボールが手から離れる時、遠心力でボールの重さは約3倍位になると言われています。

この遠心力に耐えられないと、手からボールが早く離れてしまい、狙っていた所より前に落ちます。
頑張ってボールを放す高さまで腕を持っていくと、上半身が前に引っ張られて背伸びするような姿勢になり、踵が浮いてきます。結果、ボールは同じように狙っていた所より前に落ちます。

 ボールの投げ始めから投げ終わりまで投球姿勢が崩れないようにするにはコツがあります。
「ナンバの姿勢」でいることです。

「ナンバの姿勢」とは両足を逆ハの字に少し開きます、当然膝が外側に曲がって開き、自然と腰が後ろに落ちるように下がります。

 この両膝が外側に開いた姿勢のままボールを持った腕を勢いよく前後に振ってみます。勢いよく腕を振っても踵が浮かない腰の高さ具合をさがしてみてください。その時の腰の高さ、膝の曲げ具合が自分の体に最適の立ち位置の投球姿勢なのです。

両足を少し開いて



この姿勢がボールを投げた時、身体がぐらつかない、安定した姿勢なのです。
ボールを手から放した感覚が格段に違う筈です。試してみてください。方向性のブレがなくなります。



同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事画像
投げ方のコツ(4)
投げ方のコツ(3)
投げ方のコツは?
ペタンク競技の基本について考える(10)=投球の姿勢は=
ペタンク競技の基本について考える(9)円運動と遠心力
ペタンク競技の基本について考える(6)コツ
同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事
 世界の状況と真逆の方向か? (2018-12-03 23:17)
 ペタンク、世界と日本 (2018-11-14 19:41)
 日本ペタンク選手権大会終わる (2018-10-24 16:10)
 第1回アジア・ペタンク選手権大会開催 (2018-10-08 00:02)
 第46回世界ペタンク選手権大会カナダ (2018-09-15 23:29)
 カナダ大会 (2018-09-13 00:24)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
投げ方のコツ?(2) 
    コメント(0)