2018年05月21日

投げ方のコツは?

コツは教えない

ボールの投げ方の講習会では講師は「ポルテはこう投げます」と投げ方をみせてくれます。「ティールは狙いをつけてこのように投げます」と模範演技をみせてくれます。
しかし、「どうしたら、そのようにうまく投げられますか?」の質問には殆ど「練習次第ですし、それと才能もあるのでしょう」と言われることがあります。
 それでも練習方法を教えてくれる人もいます。しかし教えられた練習方法で一人練習すれば自己流になって容易に上達しないのが常のようです。
 
投球のしかたにはコツがあります。このコツはティールの練習をしている最中に身体が軽く動いてイメージ通り上手にティール出来る場合があります。「アレ、何だ、今のは?」と思うことがありませんか。しかし同じイメージで同じことが続けられないことが多いのです。
こうした経験をしたことはありませんか。

 ペタンクの投球技術のレベルアップのコツは、フォームの作り方にあると思います。
フォームの作り方が悪いと、身体の1部分に必要以上に力が加わるので、試合を終えた後に首、腰、肩、背中、足首などに疲れが残りますので選手本人が一番判ると思います。

 身体が前傾姿勢になっていると身体のバランスをとるために約5,6Kgある重い頭を保つために首の筋肉に負担がかかり肩回り、首周りの筋肉に疲労が残ります。選手仲間に自分の投球姿勢を見てもらいましょう。頭が肩より前にあるか肩の上にあるのか身体の横側から見てもらいましょう。


横側から観て、耳が肩の上か前かを見てもらいます。もし耳が肩の上でない時は肩の上に乗せる姿勢に即刻直しましょう。ボールを放す時、腕が前に上がりやすくなり、ボールのコントロールが従来より良くなります。よりよい投球フォームつくりのコツの一つです。

投球フォームの作り方は小著「ペタンクの投球法」(700円)に詳しく書きました。小書ご希望の方は(makiik@yahoo.co.jp)あてメールください。
ペタンクの投球法



同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事画像
投げ方のコツ(4)
投げ方のコツ(3)
投げ方のコツ?(2) 
ペタンク競技の基本について考える(10)=投球の姿勢は=
ペタンク競技の基本について考える(9)円運動と遠心力
ペタンク競技の基本について考える(6)コツ
同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事
 議論を呼んだ日本のサッカー (2018-07-01 23:02)
 投げ方のコツ(4) (2018-06-23 23:39)
 投げ方のコツ(3) (2018-06-14 15:04)
 投げ方のコツ?(2)  (2018-06-02 18:54)
 ペタンク競技の基本について考える(10)=投球の姿勢は= (2018-05-10 14:01)
 ペタンク競技の基本について考える(9)円運動と遠心力 (2018-04-23 21:44)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
投げ方のコツは?
    コメント(0)