2018年03月22日

ペタンク競技の基本について考える(7)遠心力

ボールを投げる時に身体にかかる運動エネルギーの大きさを理解することで、どのようなフォームが合理的か、有効なのかを知ることが出来ると考えています。

ボールが飛んでいく、放射される時のエネルギーは円運動の遠心力が主要ですので、その遠心力に対応する求心力を自由にコントロールする方法を習得するのが課題です。

遠心力のエネルギーの大きさは重量が一定であれば、角速度と円の半径に比例しますので、ボールを持っている腕をどこまでバックスイングし、どのような速度でダウンスイングし、どの放射角でボールを手離すかで決まり ます。

投球する場合、ひとつにはバックスイングをする腕の高さの位置を一定にして腕を打ち下す速度とボールを放射する角度を調整し、飛距離を決めている選手と、二つには腕を振り下ろすバックスイングの速さを一定にし、後ろに振り上げる腕の高さとボールの放射角を調整して飛距離をコントロールしている選手とがいます。
YOUTUBEの映像 
 https://www.youtube.com/watch?v=ByQ_Le7H7Yc
 この映像の中で、この点に注目して観察すると、その選手のフォームの特徴がわかります。特徴的にフランスの Dylan rocher選手は、常にバックスイングの腕の高さを一定にし、飛距離に合わせて腕を打ち下す速度と放射角を調整して投げています。日本人がlocher選手のような投げ方は出来ませんが、バックスイングを大きくすることの意味合いを知ることが出来ます。

一方、バックスイングは小さいけれど腕を打ち下す速度で飛距離を調整する投げ方ではMarco Foyot選手に代表されるのではないでしょうか。次回、Marco Foyot選手のフォームを観てみたいと思います。


 



同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事画像
投げ方のコツ(4)
投げ方のコツ(3)
投げ方のコツ?(2) 
投げ方のコツは?
ペタンク競技の基本について考える(10)=投球の姿勢は=
ペタンク競技の基本について考える(9)円運動と遠心力
同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事
 第46回世界ペタンク選手権大会カナダ (2018-09-15 23:29)
 カナダ大会 (2018-09-13 00:24)
 大波乱?2018マスターズ決勝戦 (2018-09-10 19:12)
 ペタンクの秋 (2018-09-07 17:46)
 議論を呼んだ日本のサッカー (2018-07-01 23:02)
 投げ方のコツ(4) (2018-06-23 23:39)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ペタンク競技の基本について考える(7)遠心力
    コメント(0)