2018年03月15日

ペタンク競技の基本について考える(6)コツ

(前回の投稿に続く)
今、世界のペタンク競技の世界で優れたフランスの選手の投球フォームを観てきましたが、その投球フォームで共通する点は「投球時の肩口のポイント」が安定しているということでしょう。

それは投球時にボールを飛ばす遠心力の運動法則を上手に利用していることなのですが、遠心力を十分に働かすためには求心力、即ち「ボールを手離す直前の腕にかかるボールの重力に耐える力」が必要になってきます。
もし、この求心力が遠心力より小さければ円運動の中心点、肩口が前方に引きずられて動いてしまい、遠心力が小さくなって狙ったボール、地点より前に落下することになります。 

この遠心力に対する求心力を安定させる方法、フォームの作り方が、ペタンクの投球で一番大切な「ポイント」コツなのではないでしょうか。
このテキストのはじめに書いた「ナンバ」のフォームが、このコツの重要な要素と考えています。

この「ナンバ投げ」について「ペタンクの投球法・ナンバ投げの術」として一冊の小書にまとめてみました。僭越で口幅ったいとは思いますが、あくまで私個人の経験と実践を踏まえての拙論を纏めたものです、参考にして頂ければ嬉しい限りです。 頒布しております。メールでお問い合わせください。(Makiik@yahoo.co.jp)
本体価格700円+送料


A5版100ページ・イラスト95図・1冊(700円+税)


同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事画像
ペタンクに良い季節
炎暑が続く
極暑の日本
29日、納涼ペタンク競技会。
梅雨が明けます。
上手くなるにはコツがある。
同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事
 ペタンクに良い季節 (2019-08-27 23:44)
 炎暑が続く (2019-08-16 22:41)
 極暑の日本 (2019-08-09 15:58)
 29日、納涼ペタンク競技会。 (2019-07-30 23:45)
 梅雨が明けます。 (2019-07-26 18:14)
 上手くなるにはコツがある。 (2019-07-06 17:18)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ペタンク競技の基本について考える(6)コツ
    コメント(0)