2018年01月19日

ペタンク競技の基本について考える(2)

前回書きましたが、ペタンクの投球姿勢はブレないフォームを作るために骨格の位置を正しく認識する必要があります。
そして、その骨格の正しい位置を維持をするためにバランスの取れた筋肉作りをどうするかを考えます。

まず初めに「基本的な投球姿勢」とは、どういう姿勢なのかを明確にしておきます。
それは、直立不動とか、「気を付け」の姿勢ではなく、ゆったりとした「自然な姿勢」を作ることにあると思います。

 「自然な姿勢」とはどんな姿勢かと言えば、両脚で立った時に身体のどこの部分にも(特に感覚的には足裏で感じる体重の移動)緊張や負担を感じない姿勢です。
目を瞑って両脚で立ってみるとわかりますが、時間の経過とともに身体が揺れてきます。バランスがずれていくのでしょう。平衡感覚と言われる感覚だと思います。

 ここで「自然な姿勢」の作り方として「ナンバの姿勢」「站椿功の姿勢」と言われる方法があります。

下半身から言うと
1.両足を拳一つ位の幅、間隔を開けて立ちます。
2.両足の親指を外側に向けてY字型、または「逆ハの字」型に開きます。(当然両膝も連動して外側を向いて開きます)
3.足の指全部を少し内側に丸めます。
4.両膝を前に押し出すように少し前に折り曲げます。
この一連の動作をして「ナンバの姿勢」の下半身姿勢を作ると、下半身の主要な筋肉、下腿三頭筋、大腿四頭筋、ハムストリングが緊張から解放され、外部からの働きかけに柔軟に対応できるようになると考えています。

この下半身の姿勢でボールを投げてみてください。ボールの飛び方が違ってきます。投げ終えた手が目的地点から外れることが少なくなります。

続きは次回に。
ナンバの立ち姿勢1


同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事画像
投げ方のコツは?
ペタンク競技の基本について考える(10)=投球の姿勢は=
ペタンク競技の基本について考える(9)円運動と遠心力
ペタンク競技の基本について考える(6)コツ
カーリングとペタンク
フランス映画「リュミエール」を観る
同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事
 投げ方のコツは? (2018-05-21 19:26)
 ペタンク競技の基本について考える(10)=投球の姿勢は= (2018-05-10 14:01)
 ペタンク競技の基本について考える(9)円運動と遠心力 (2018-04-23 21:44)
 ペタンク競技の基本について考える(8)=重心= (2018-04-08 20:43)
 ペタンク競技の基本について考える(7)遠心力 (2018-03-22 22:42)
 ペタンク競技の基本について考える(6)コツ (2018-03-15 19:59)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ペタンク競技の基本について考える(2)
    コメント(0)