2017年12月30日

この1年はどうでしたか。

2017年も終わろうとしています。
ペタンクに関わってきた人達にとってどんな年だったのでしょうか。
 ペタンク競技の世界ばかりだけでなく、今、社会のいろいろな場面で一人相撲をしている人が些か多すぎるという感じを受けています。
 政治の世界では多数政党ということで何でもやりたい放題。批判をするものには攻撃と排除、弱い者を痛めつける弱肉強食の論理。少なくとも弱い者の味方とは言えない政治ではないでしょうか。
 ペタンク競技が2024年のパリ・オリンピックで採用される趨勢の中、日本のペタンク界はどのような未来像を描き、取り組みを進めようとしているのでしょうか。
 ペタンク競技の普及は10年前に比べるとアジアではタイ国が強く、ベトナム、カンボジア、インドネシア、フィリッピン、台湾、そして中国でしょう。特に中国は今回世界選手権大会を開催できる国として脚光を浴びているのかも知れません。目立たないのは日本と韓国?でしょうか。
 特に日本ではjuniorに対する取り組み、次代の世代への取り組みが甚だしく遅れているようです。組織的に全国的に取り組まずに地方任せであることからきているのははっきりしています。
 地方の組織では老人クラブの運動部なのかと間違うほど高齢者が圧倒的に多勢です。高齢者の愛好者が多くても青少年への普及拡大の活動がチャンとなされていればよいのですが、そうは言っていないのが現状ではないでしょうか。
 2024年パリ・オリンピックへの参加、入賞を目指した青少年への取り組みを今からでも始めるべきではないでしょうか。
2016年末に国際会議で決定した競技規則の改訂も日本では漸く2017年後半10月から採用という対応の遅さ。これは現在の組織団体の在りようを何よりも象徴している紛れもない事実でしょう。
トリも直さず進まなければ「ざるかぶり犬(笑)」に。 2018年は戌年、大いに走りまりましょう。ケンケンガクガクいきましょう。笑いが一杯になる年にしていきたいです。
皆さん、佳いお歳をお迎えください。美味しいお酒で。パステスもいいですよ。



Posted by ペタンクロウ at 11:57│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
この1年はどうでしたか。
    コメント(0)