2018年03月13日

早くも7年が経ちました。

3月11日。今から7年前、2011年3月11日14時46分。

この日は1年365日の中で最も忘れることが出来ない日です。東日本大震災。

肉親,縁戚、知り合いなど人の命と、営々と築いてきた家屋敷と財産を一瞬のうちに失った人達の悲しみはは測り知れないものがあります。
この日、いずこのTVの画面にも冷酷に映し出される「あの日」の津波の襲来の情景。

 決して消えることのない心の傷、そして未だに生きることに今なお非情な苦難を受けている人にとってはいたたまれない情景の映像なのです。

 だから負の遺産は、観ることのない「ストーリー」として語り部の形で語り継ぐ覚悟が出来ても、津波の襲来の映像と悲惨な被害の現実をそのまま残すことは大きな苦痛とトラウマの復元になり耐えることが出来ないことなのです。自分自身、当時の津波の映像はまっとうに正視することが出来ません。ひどく気持ちがざわついてきて落ち着かなくなり、辛い、ある一種の恐怖に襲われるからなのです。

 福島の原発の崩壊で発生した放射能の被害は7年を経ても少しも解決していません。100㎞b以上も離れている仙台市内の放射能測定器は「0.06~0.08」μsbtシーベルトの数値を変えることなく毎日示し続けています。これが現実です。
仙台市役所前の放射線値測定器


 そのような日々、ナンデ、突然に亡くなるノ。あれほど元気でいた知人が?心臓由来の死因?とか胃癌?とかと聞いてひどく不安に駆られるのです。これは昨今の情報です。放射能の影響か否かはわかりませんが、気持ちはよくないのです。

21世紀が少数の人間の勝手で悪魔の世紀にならないように。と願っています。




同じカテゴリー(ペタンクと暮らし)の記事画像
暑い夏ですね。
ペタンク始めませんか。
カーリングとペタンク
気持ちの良い天気が
同じカテゴリー(ペタンクと暮らし)の記事
 暑い夏ですね。 (2018-08-14 23:48)
 小憩します (2018-07-22 15:00)
 悔いなき闘い (2018-07-03 16:28)
 議論を呼んだ日本のサッカー (2018-07-01 23:02)
 ペタンク始めませんか。 (2018-02-27 18:01)
 カーリングとペタンク (2018-02-19 19:20)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
早くも7年が経ちました。
    コメント(0)