2017年12月03日

ティール選手権大会が1月に

全日本ティール選手権大会
東京都
1月14日(日)雨天決行

エッ、ペタンク競技は1月の寒い季節、東京で行うスポーツでしたか。
屋内ならまだしも屋外、小学校の校庭でですか。
間違いではないでしょうか。

1月、南半球のオーストラリアやタイやタヒチで開催されるのならわかるのですが、東京で開催とはーー全く理解できない企画ですね。
因みに東京都の1月平均気温5.2℃、最高気温9.6℃、最低気温0.9℃です。1年で一番気温が低い月が1月です。その寒い1月に開催する意義は何なのでしょうか。

気温が低ければ人間の身体は体温維持のため血管を収縮し、筋肉の活動を抑制します。冬季のスポーツ、スキーやスケートと違ってペタンク競技は寒さに耐える装備、または訓練や練習をすることはないと思いますし、強行してもよい成果を得ることはないと思いますが。

最近の社会では、あり得ない事柄が、アリエールのですか。




Posted by ペタンクロウ at 23:20│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ティール選手権大会が1月に
    コメント(0)