2020年08月12日

極暑日のお盆を迎えて

「夏日」「真夏日」は理解できるが、「極暑日」の暑さは心身ともに理解を超えている。

 入浴時お湯の温度が体温を超えていても異常とは思わないが、気温はそうはいかない。今日の屋外でのペタンク競技を始める時の気温は36℃。典型的な熱中症が起きる条件がそろっている。帽子を被っていても体の中から血がふつふつと沸騰しそうだ。
 
こんな日はどうするか、いつもならコートを作ってから試合を始めるが、そこは機転を利かして臨機応変、TPOの考えで競技場にある樹木の木陰と建屋の軒端の日陰を利用して定点の固定サークルを設定し、フリーコートにしてビュットを投げ、試合開始となった。これで直接には太陽光を長時間全身に浴びることを避けることが出来るので、一応の熱中症対策となった。勿論「三密」も避けて。

 「競技会代替の競技」は2回目、いつもの試合進行の雰囲気と違うのだ。何が違うかと言えば「転がし」が圧倒的に減って「ティール」を目指して競い始めたのである。試合に参加している選手全員が投球する1球1球に目を離すことなく注目しているのである。その1球が何ポイントになるのか見極めなければいけないから。いつもにない緊張感に満ちていて心地いいし、楽しい。
極暑日のお盆を迎えて
極暑日のお盆を迎えて






 こうして今は新型コロナウイルスと熱中症、2つの予防対策をしっかりと意識し認識して健康維持とストレス解消につとめている。
 仙台は青葉まつり、七夕まつりが中止。8月の旧盆を迎えた今、まだまだ暑い日が続くけれども、ペタンク競技を通して楽しい日々をと願っています。



同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事画像
感染が続く新型コロナウイルス
試合進行に支障なく physical Distanceを。
感染防護します。ペタンク競技です。
再び、ペタンクの投球法?
寒さが募ります。
快挙‼生きがい健康祭ペタンク交流大会で優勝
同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事
 感染が続く新型コロナウイルス (2020-10-19 17:41)
 新型コロナウイルスの拡散 (2020-08-08 17:52)
 試合進行に支障なく physical Distanceを。 (2020-06-13 22:29)
 感染防護します。ペタンク競技です。 (2020-05-28 17:59)
 ペタンク競技での新型コロナ・ウイルス感染防止対策について (2020-05-26 08:59)
 再び、ペタンクの投球法? (2020-05-09 12:41)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
極暑日のお盆を迎えて
    コメント(0)