2020年05月26日

ペタンク競技での新型コロナ・ウイルス感染防止対策について

新型コロナ・ウイルス感染防止対策について

日本では2月以降新型コロナ・ウイルスの感染が広がり、人間の生命、健康に極めて危険な疫病であることから世界全体でその感染防護の施策が喫緊の課題として取り組まれています。
 5月26日「緊急事態宣言」が全面的に解除されました。しかし新型コロナ・ウイルスの感染流行に対して安全宣言、終息宣言は未だなので決して油断が出来ないということでしょう。屋外でスポーツを楽しむ、健康を維持する運動をするには十分な注意が必要なようです。

多くの人々が参集するスポーツ競技にとっては「密閉・密集・密接」の「三密」を避けることは大変困難な課題となっています。
ペタンク競技界では、4月以降の大会が殆ど中止、延期となっています。

 ペタンク競技では大会ではない平常時の競技会では、どのような対策を立てて行うかは特別通知はありませんが、感染防止対策として次のような方法で競技を進めたいと考えています。一つの提案です。
基本としてルールを大幅に変更することなく「三密」を避け、ストレスと運動不足の解消を図り、楽しく競技が出来る方策を考察してみました。

<トリプルス試合の場合>
1.選手が投球時、投球しない両チームの選手は、ルール(17条)に従
  い、 ビュット後方のコート両側に立ち位置を取るが、この時、密接を
  避けるためにそれぞれの選手は1メートル以上の間隔を空けて横
  並びに待機位置すること。(イラストは次回掲載予定)
2.ビュットとボールの距離を測定するのは専ら審判の作業とし、選手はコ
  ート両側に待機したまま関わらないこと。
3.メーヌ終了時、ボールを拾い集める順序は次のように(密集接防止)
  最後にボールを投げた選手相手チームの選手 ①の選手
   のチームの選手  ②の選手のチームの選手  ①の選手
   のチームの選手  ②の選手のチームの選手  
   ただし、一人の選手が自分のボールをすべて拾集し、コート側に離
   れてのち5秒後に次の順番の選手がボールを拾集すること。
4.その他留意すべきは試合中、選手は相互に1m以上の間隔を保ち
  ①投球する選手はサークルに立った時、マスクを外すことができる。
       (呼吸調整のため) 
  ②大声を出さないこと。大声で喋らないこと。
  ③ボールと拭布は各選手専用とし共用しない。
  ④飲食器類は共用しないこと。
  ⑤競技終了後はボールと手指を丁寧に水洗いすること。   
 


同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事画像
極暑日のお盆を迎えて
試合進行に支障なく physical Distanceを。
感染防護します。ペタンク競技です。
再び、ペタンクの投球法?
寒さが募ります。
快挙‼生きがい健康祭ペタンク交流大会で優勝
同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事
 極暑日のお盆を迎えて (2020-08-12 13:50)
 新型コロナウイルスの拡散 (2020-08-08 17:52)
 試合進行に支障なく physical Distanceを。 (2020-06-13 22:29)
 感染防護します。ペタンク競技です。 (2020-05-28 17:59)
 再び、ペタンクの投球法? (2020-05-09 12:41)
 雪は降らないがーー。 (2020-02-10 16:35)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ペタンク競技での新型コロナ・ウイルス感染防止対策について
    コメント(0)