2019年08月27日

ペタンクに良い季節

 8月も中旬を過ぎ、蝉の声から虫たちの鳴き声が聞こえてきそうな季節となった。気温も30℃を越える真夏日も少なくなってきたようだ。
熱中症を気にしないでペタンク競技ができるのが何より嬉しい。投球技術の向上は今の時期が一番効果的な気がしている。体調管理がしやすい季節だからである。

SNSを観てみよう。特にyoutubeでは、フランスでの「マスターズ大会」「マルセーユ大会」は歴史もありペタンク・フアンの関心度が高い。
2019年今年の大会の特徴は試合運営の進化と選手の技術レベルの高さだろうか。選手・チームの「寄せ」と「ティール」の正確さを示す度合いを百分率で表示して観客の注目度を集めている。動画配信の画像もきれいで十分に楽しめるのが嬉しい。

 日本でも、このような大会の試合情報を伝える方法を工夫し、改善していく取り組みを積極的に進める必要があろうかと思う。
 現状を改革し、新鮮なペタンク競技の情報を世間に伝えていく工夫をし、普及拡張を考えていかないとアッと言う間にマイナー道まっしぐら?となるかも知れない。ごく少数のマニヤックな集団だけになってしまう恐れがあるのではなかろうか。
ペタンクの球と的玉


 マスメディア、マスコミの新聞、雑誌、テレビ。そしてyoutubeをはじめとするSNSを含めてのマスメディアを活用しての情報伝達を積極的に進めること。全国の教育機関、小中学校、高校、大学のクラブ活動課目、体育科目にペタンク競技を採用するよう組織的に取り組むこと。 ペタンク競技空白地域に積極的に普及活動に取り組むこと。会社、法人、団体等一般の人に対しペタンク講習会を積極的に開いていくこと。等々普及拡張の手段は多様にある。
 あとはーー 組織がこれらの課題を真剣に取り組む姿勢があるかどうかである。ペタンク競技を活き活きとしたスポーツ組織にするかどうかは今、大きな岐路に立っているのではないか。
 さて、こうした中でペタンクの普及拡大に真剣に取り組んでいる団体(FIEP)の活動情報を観てほしいと思う。
(FACEBOOK⇒=渋谷区ペタンク= で検索する。)https://www.facebook.com/search/top/?q=%E6%9C%9B%E6%9C%88%20%E7%8C%9B%E3%80%80%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E5%8C%BA%E3%83%9A%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%AF&epa=SEARCH_BOX


同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事画像
快挙‼生きがい健康祭ペタンク交流大会で優勝
世界と日本、解釈が違うルール?
炎暑が続く
極暑の日本
29日、納涼ペタンク競技会。
梅雨が明けます。
同じカテゴリー(ペタンクの競技)の記事
 台風19号の災害は、 (2019-10-18 23:24)
 快挙‼生きがい健康祭ペタンク交流大会で優勝 (2019-09-27 00:36)
 世界と日本、解釈が違うルール? (2019-09-20 19:02)
 炎暑が続く (2019-08-16 22:41)
 極暑の日本 (2019-08-09 15:58)
 29日、納涼ペタンク競技会。 (2019-07-30 23:45)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ペタンクに良い季節
    コメント(0)