2019年04月25日

ペタンクのシーズンに

各地から桜の開花便りが伝えられ、観光の名勝地の様子がテレビで映し出され、楽しい春の季節が訪れてきた。
そして同時にペタンクのシーズンも始まった。

 仙台市では高齢者の健康維持、健康増進のために福祉センターで「ペタンク教室」を無料で開いている。ところがペタンク競技ばかりではないようだが60歳~65歳の人の参加が極めて少ない。
 これは年金の支給開始年が65歳と改められ遅くなった故か、または定年後、多くの人が長年の宮勤めから心身ともに疲労困憊して新たな社会生活の展開に戸惑いを感じて積極的に取り組む力さえも失ってしまった故だろうか?と思ってしまう。定年後は自分のために元気を出してほしいと思う。そのことが回り回って結果は皆のためになるし、経験を伝えるよすがとなると信じている。
先日、「ペタンクを友人に誘われて、いやいや参加したけれど、いつの間にやら健康維持に欠かせない運動になっていたの」と嬉しいことを言ってくれた。
 
ペタンクのシーズンに



 さて、そのペタンク競技の普及、宣伝には大きな力になるだろうと考えていた2020年パリ・オリンピックでの「ペタンク競技」種目が、残念なことに不採用になった。
 ペタンク競技発祥の本家本元の地フランスで何が起こったのか全く知る由がない。「ペタンク競技」が世界の若者たちに強くアピールし、魅力的で関心を集める素敵なスポーツとして支持を得られなかったのだろうか。理由は判らないし、定かな情報もない。

 ペタンク競技の「世界での認知度」を拡げる機会として「世界ペタンク選手権大会」の開催があるが、開催地が各国の首都で開かれない故か、世界の名立たるメデイア、AP、NYタイムス、ル・モンドなどどころか開催国のローカル・ニュースでさえ大きく報道されることはなかった。
 インターネット上のSNSやブログなどでは最近になってフランス、タイ国などから競技情報が動画で伝えられているが、いずれもより多くの人に大きな関心を増加させるまでには至っていないようだ。

 「ペタンク競技」を普及拡大するためには、そのための経営戦略を世界規模で取り組む組織と力量(社会的、経済的)が必要なのだろうが、今どこを見渡しても、残念ながらそのような情報は見当たらないようだ。現状ではやはりミニマムな世界で少しずつ実績を積み重ね、広げていくしかないのだろうか。と思っている。



Posted by ペタンクロウ at 18:00│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ペタンクのシーズンに
    コメント(0)