2020年08月12日

極暑日のお盆を迎えて

「夏日」「真夏日」は理解できるが、「極暑日」の暑さは心身ともに理解を超えている。

 入浴時お湯の温度が体温を超えていても異常とは思わないが、気温はそうはいかない。今日の屋外でのペタンク競技を始める時の気温は36℃。典型的な熱中症が起きる条件がそろっている。帽子を被っていても体の中から血がふつふつと沸騰しそうだ。
 
こんな日はどうするか、いつもならコートを作ってから試合を始めるが、そこは機転を利かして臨機応変、TPOの考えで競技場にある樹木の木陰と建屋の軒端の日陰を利用して定点の固定サークルを設定し、フリーコートにしてビュットを投げ、試合開始となった。これで直接には太陽光を長時間全身に浴びることを避けることが出来るので、一応の熱中症対策となった。勿論「三密」も避けて。

 「競技会代替の競技」は2回目、いつもの試合進行の雰囲気と違うのだ。何が違うかと言えば「転がし」が圧倒的に減って「ティール」を目指して競い始めたのである。試合に参加している選手全員が投球する1球1球に目を離すことなく注目しているのである。その1球が何ポイントになるのか見極めなければいけないから。いつもにない緊張感に満ちていて心地いいし、楽しい。








 こうして今は新型コロナウイルスと熱中症、2つの予防対策をしっかりと意識し認識して健康維持とストレス解消につとめている。
 仙台は青葉まつり、七夕まつりが中止。8月の旧盆を迎えた今、まだまだ暑い日が続くけれども、ペタンク競技を通して楽しい日々をと願っています。

  

2020年08月08日

新型コロナウイルスの拡散

ところで、

 新型コロナウイルス(covid-19)の宮城県での感染はついに150名をこえた。東北6県では最多の感染県となった。仙台市は人が集中する場が多く、感染拡散になりやすいからだろう。

 仙台市のウイルスのPCR検査体制は1日260件の検査能力を持っている施設があり、翌日には陰性陽性の区別が判るという。発生の地域や場所が公表されることもあるので、どう注意したらよいか外出時には大いに参考になっていることは確かである。

 日々の暮らしではお互い外出時「三密」をさけ、慎重な行動を取っています。が、怖いものは怖い。ウイルスは人を選ばないし、差別なしに感染します。年齢も性別も、ましてや社会的環境さえも拘わりなく感染してきている。

 私共ではペタンク競技は基本的には個人競技ですので、「三密」をさけ、感染予防対策を厳しく守って行っている。競技中、ティールなど美技があった時、「BIEN‼」とか大声を出していましたが、それとて今は2個のボールをぶつけ合わせて「カシャカシャ」と鳴らすとか、拍手で称賛しているのです。、
 今、競技会の代替催事として「投球技術競技会」を行っている。1試合ごと、投球した選手のボールが「カロー」した場合は5点、「ティール」3点、「ビブロン」2点、「カランボレー」4点などと予め得点を決めて選手個人ごとに合計点を競っている。その投球の得点認定は、参加選手全員が認めることとしているのでトラブルはない。これはこれで、技術向上に選手お互い励みになっていて、ゲーム展開も楽しく取り組んでいる。