2019年03月19日

彼岸です。

3月19日、火曜日、お彼岸ですね。でも花粉症に罹っている人は外に出るに出られず------お察し申します。

仙台は冬季降雪量は比較的少なかった故か春の温かさは早めなのでしょうか、杉の花粉は大拡散、桜花の開花便りもいつもより早いようです。
ペタンク競技も4月のシーズンを迎え、各地で競技会が開催されていきます。早くもフランスではクラブ対抗の大会が開催されています。
杉の花粉が集積


今年は一歩前へ進んでいく気持ちを大切にペタンクの投球技術のレベルアップに取り組んでみませんか。

ペタンク競技では試合の後、イメージした通りの投球ができた場面を今一度想い起します。そして確認のため再度投球してイメージ通り再現できればレベルアップになるし、「爽快感」「充足感」を十分に得ることが出来ます。
投球技術のレベルアップは「モノマネからでは上達しない。自らの体験感覚の積み重ね」でしょう。
勝ち負けは一つの結果として受け止められるようになれば良いと思います。(拙書「ペタンクの投球法」を参考にして頂ければ幸いです。)


  

Posted by ペタンクロウ at 17:54Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年03月11日

あれから8年

2011年3月11日。「東日本大震災」
あれから8年、普通に食事をし、普通に睡眠をとり、普通に物事を考え、普通に公園に行ってペタンクを楽しんでいた、ごくごく普通の日常がこの時からすべてが変わってしまった。
食べ物は、寝るところは、居るところは。
何とかしなければ、何とかしなければーーーと思うだけで庭に張ったキャンプ用テントの中で雪が降る夜は寒さに震えているだけだった。 何事も一つとして変えられなかった日々の連続。
他人に話してもどうにもならないし、何の解決にもならない。
すべてがこの世の終わりかとさえ思ってしまっていた時期。
救ってくれたのは、数人の友人の物心両面の熱い支援だった。忘れることは決してない、嬉しい恩義になった。
おかげで立ち直ることが出来て、今も心底感謝している。

8年、深く心に刻まれたトラウマ。少しづつ癒えてきているのかもしれない。このことを書けるということは。

ペタンク、今は東北のこの地でどれだけ多くの人に励ましや助けや力になれるのか模索している。


  

2019年03月05日

ペタンクしませんか‼

仙台市内に住む60歳以上の方へお知らせ

健康、健康、健康第一と言われる60歳。体に負担の少ないスポーツ、フランス生まれのスポーツ「ペタンク」試してみませんか。
費用は会場までの交通費だけ、参加費用はゼロ。現在80歳,90歳の方もいます。
申し込みはお早めに。
応募方法は「仙台市政だより3月号」の21ページをご覧ください。
亀岡老人福祉センターと大野田老人福祉センターの「趣味の教室」で週1回行っています。15日までです、お早めにお申し込みください。
 

  

Posted by ペタンクロウ at 00:38Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション