2018年10月26日

ペタンク競技は高齢者スポーツか

10月26日(金)宮城県シニアスポーツ大会が開催された。
行われた種目はゲートボール、グランドゴルフ、ペタンクの3種目で県内の34市町村から700名の高齢者が参加した。とTVのニュースで伝えられた。
 もはやペタンク競技は高齢者向きのスポーツとして受け止められているのである。宮城県内のペタンク団体、またはクラブには高齢者以外の若年層の人達がペタンク競技に取り組んでいる情報は寡聞にして聞かない。
 普及していない理由は単純明快、ペタンク競技そのものの「宣伝、広報」が青少年に向けて行われていないからである。

地方でも中央でも全国的にこの消極性は変わらないのである。

ペタンク競技人口は公表されていないが、何れの団体も年次財政報告を見れば一定の推測は出来る。2010年約6000名の登録会員は2018年の今、2倍以上にはなっているのだろうか。

2024年パリ・オリンピックでペタンク競技は競技種目に入るだろうけれども、今の日本のペタンクの競技界の情勢を観れば何とも寂しい限りである。と思ってしまう。  

Posted by ペタンクロウ at 19:11Comments(0)

2018年10月24日

日本ペタンク選手権大会終わる

10月13日14日、長崎県諫早市で開かれた大会は好天に恵まれ、滞りなく終わった結果がホームページ上に公開された。
男子、女子、年少の部門別成績が選手の写真とともに掲載されていいる。

写真を観ていてフッと思ったのだが、男子、女子の選手の年齢層である。そういえば開催要項には年齢についての記載条項がない。「ベテラン」とか「ジュニア」という年齢規定を明確にし、それに基づいた年齢別ごとの大会なのだろうかとフと思ったのである。

それと、大会優勝者にはどのような特典とか、賞金とかがあるのだろうか。と思った。優勝者は優勝記念のカップと副賞品、そして名誉を得る。ということで終わりかな?優勝賞金は?世界ペタンク選手権大会に出場する日本代表選手チームになるのかな?と。

日本選手権大会だから、新聞、スポーツ紙とか放送とかメディア、情報に載るのかな?と思ったら一言も伝えられていないようだ。どのようにメディア、マスコミに情報を発信されているのかな?と。



 

    
   
 

 

   

Posted by ペタンクロウ at 16:10Comments(0)ペタンクの競技

2018年10月08日

第1回アジア・ペタンク選手権大会開催

10月、これからはペタンクをするには絶好の季節ですね。
ところで、FIPJPのホームページが10月から模様替えしましたね。
項目がシンプルになって、全体の構成がすっきりし、見やすくなりました。
それと文章の内容が日本語に翻訳され、容易に理解できることです。

それによると、第一回アジア・ペタンク選手権大会が(Asian Boules Sport Confederation - ABSC)アジアブールスポーツ連盟の主催で11月15日~18日インドのOdisha州で開催とのことです。
https://www.facebook.com/AsianBoulesSportConfederation/photos/a.167327460524722/300267823897351/?type=3

エッ、第一回、アジア・ペタンク選手権大会なんですね。


9月カナダで開かれた世界選手権大会(男子トリプルス戦)での日本選手団の成績は42チーム中39位。しっかりと試合後の総括を行って次回の国際試合では良い成績をあげることでしよう。全国のペタンク愛好者が注目するところです。
  

Posted by ペタンクロウ at 00:02Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション