2018年08月27日

「ペタンクの投球法」の書籍頒布について

「ペタンク投球法」の書をお求めの方へ

このブログをご閲覧頂き有難うございます。

「ペタンクの投球法」の頒布についてお問い合わせを頂きました方へ。

必要部数、送り先(住所、氏名)をE-mail(n5670@outlook.jp)へご連絡いただければ当方よりお送りいたします。
なお送料込み料金、お支払方法ははその時にお伝えいたします。

宜しくお願いします。




  

Posted by ペタンクロウ at 18:29Comments(0)

2018年08月14日

暑い夏ですね。

ペタンクの夏
あついですね。ペタンク競技にとってはやり切れない暑さです。全国の多くの場所で40℃に近い気温というのは異常です。成人の標準体温は36℃なのですから。
皆さん、屋外での猛暑対策はどうしていますか。

先に記した小生、積年の蓄積疲労から来た背骨の障害「脊柱管狭窄」は、腰から下の筋肉、神経等に激痛が走り、歩けなくなるという病気。
そして日本でこの病気の根本的治療を行える高度の医療機関はさほど多くはないということを知ったのは最近。幸いにも、小生の近隣にこうした数少ない医療機関の一つがあり、遠地から数多くの患者さんが来院していることも改めて知ったのも最近の事実。驚きでした。

入院して間もなく手術、その翌日には何事もなかったかのように痛みもなく普通に歩行できたのが我ながら信じられず、嬉しさと興奮が暫く続いたのを今でも忘れることができませんでした。

  筋肉は少し切れても繋げるというが神経は一度壊れると復活は出来ないという。早めの対応と決断こそが最良の賢明な選択だとつくづく思わされた。退院は2週間後で、後はリハビリに懸命に努めるだけの日々である。ほぼ3か月位はかかるらしい。

以上、きわめて個人的な貴重な経験だが、今回の病気はペタンク競技から起きた障害ではないことだけは言っておきたい。高齢者にとっての積年疲労の結果なのだから。

太白山