2018年07月03日

悔いなき闘い

 深夜の3時過ぎ、日本中多くの人々がテレビをつけてサッカーを観ていた。多分今日の日中、うつろな眼の人が居たら間違いなくサッカーをテレビで見ていたために寝不足になった「オツカレサマ」の人であろう。

 3対2でベルギーに負けても納得のいく得点経過で、世界のベスト・エイトの壁は厚いことを知らされたのである。
 試合が終わった時点で、「もし、あの時ーーー」の考えは沢山あったし、1時間半の長時間持続できる並々ならぬ体力の課題も重要性も見えていて今後に興味を深める試合となったことは確かである。負けてマイナスイメージになったものはなかったのでなかろうか。万感の意を込めて「アリガトウ、ゴクロウサン」と素直に称賛すべき試合だった。これからの日本のサッカーにつながる光が見えてて快かった。
  

2018年07月01日

議論を呼んだ日本のサッカー

 サッカーのワールドカップ、2018年ロシア大会が開かれている。
4チーム1グループでリーグ戦、3試合が行われ、上位2チームが決勝トーナメント戦に進むという仕組みになっている。この仕組みはペタンクの試合と同様なので、ペタンク競技に関わっている人には容易に理解できる。

 さて、ペタンク競技でも時間制限制を採用した大会が開かれることがある。こうした大会では最後まで楽しくペタンク競技に興じることが出来たという話は多くは聴こえてこないのである。理由は簡単、時間稼ぎで容易に勝利をモノにすることが出来るからだ。
 今回の日本対ポーランドのサッカー戦、試合後半になって日本が0対1で負けていても、得点数と違反数の多少で上位2チームに入るかどうかが決まるというルールを考え、残り10分をパス廻しで時間を稼ぎ、僅差で上位2チームに留まるという戦術を選択したのである。
 ここに論議が生じた。
 
 勝敗を決めるルール上の定めを利用し、1点でも減点が少なければ勝ちなので、その時点で試合そのものを止める、即ち「終了時間待ち」の戦術をとったのである。積極的勝利の戦いの放棄である。
 これはあくまでルールに則った戦術だから、勝敗を目的にしている試合では間違いではない。という意見。
しかし、潔さと誠実さ、真剣さを標榜している日本のチームという印象がある中で、スポーツマンシップの観点から些か疑問を感じる。という考え方。
 いずれにしてもこの試合は胸にストンと快く落ちるほどの気持ちよい勝利ではなかったことは確かで、観客は観ていてストレスがたまり、楽しい試合ではなかったようだ。

 最近、社会的に多方面でストレスが多すぎる。このサッカーの試合ではルールが守られているので、意味が全く違うけれども、権力を背景に狡るさ、あくどさ、険しさが王道かのように他人に振る舞う人間達が多すぎはしまいか。悪性の感冒ウイルスが広がるように、類が類を呼ぶようにあっては欲しくない事象である。

 お互いに人としての尊厳を大切にし、心を柔らかく優しくある方が居心地よく幸せだと思うのは私だけなのだろうか。