2018年04月23日

ペタンク競技の基本について考える(9)円運動と遠心力

前回「安定したペタンクの投球フォーム」の必要性を記しました。

空中、空間にボールを投げたり、打ったりする場合、ボールを転がすのと違い、円運動の理論を無視して只々力任せに投げるのは無謀なこと。骨格や筋肉の損傷、疲労を増すだけでしょう。これはどの種類のスポーツでも共通して言えることです。

ペタンクの投球では、遠心力をどう最大限に有効に利用するかがカギになると思います。ボールを持った腕を前から後ろに振り動かした時、遠心力が働く円運動を身体の中でどう感じ、遠心力が働く円運動の中心を身体のどこに意識するかです。

円運動の中心は、投球する腕の肩口の肩甲骨と上腕骨、鎖骨の交点付近で、動作末端の指先には遠心力が働き、ボールに大きな力が加わって飛んでいくということなのですが、飛んでいくボールの軌跡、放物線を正確にイメージできるかどうかはまた別の課題でしょう。

この投球フォームで大事なのは、何といっても円運動の中心となる肩口は投球動作中、特にダウンスイングが始まったら絶対に動かさないということです。何故なら円の中心を動かすと円運動の理論は成立せず、体力のみの投擲運動となり、遠心力が働かなくなるからです。

ペタンクの投球で第一の大事な練習は遠心力が十分に働くよう肩口を動かさないで腕を前後に振ることに集中することではないでしょうか。
この円運動の中心である「肩口を動かさない」ために、身体の姿勢、投球フォームをどう作るかが次の課題となります。



緑のラインの交差点が円運動の中心点となる肩口の位置

次回に続く。
  


Posted by ペタンクロウ at 21:44Comments(0)ペタンクの投げ方ペタンクの競技

2018年04月08日

ペタンク競技の基本について考える(8)=重心=

前回Marco Foyot 選手の投球フォームを参考にしようと記したのですが、最近の映像で適切なものがありませんでしたので、フランスで現在活躍中のPhilippe quintais選手のフォームで観てみたいと思います。



バックスイングで後方への腕の振り方は小さいのですが、力強く前方に腕を振り切っています。大きな腕の振りのLocher選手のフォームと大きく異なります。
 
 日本人にとってはバックスイングで腕を後ろに大きく振らない、振れない?投げ方から学ぶのが合理的で判り易いのではないでしょうか。

初心者にペタンクの投球を教える時、経験者は「こうして投げます」とボールを投げてみせますが、腕の振り方、投球フォームはペタンクボールの重さと性質から重心の位置と円運動、遠心力を有効に利用する下手投げが最適な運動姿勢であることを伝えることは少ないようです。

そのため始めの投球ではどうしても体力を使って投球するのでボールを手から放す時、遠心力に負けて身体の重心が前方に動いて踵が上がり、身体が前のめりになり、ボールは手から早く離れて目的点より前に落ちるということがあります。

 体力でなく遠心力を上手に使って投球するにはどうするか、身体はどう効率的に使うのかを習得していくことが上達の一つのポイントになると思います。

この基本となる安定したペタンクの投球フォームの作り方を「ペタンクの投球法・ナンバ投げの術」の書(頒布価格・700円+税)で詳しく書いてみました。参考にして頂ければと思います。お問い合わせ下さい。(makiik@yahoo.co.jp) 


  

Posted by ペタンクロウ at 20:43Comments(0)ペタンクの投げ方ペタンクの競技