2017年08月11日

選手には審判員資格が必要か


ペタンクは世界のスポーツです。日本独自にルールを作ったり、システムを作るのは勝手でしょうが、喜ばしいことではないと思います。
2017年の第32回日本ペタンク選手権大会の開催要項を見ると、参加を希望するチームの選手には「審判員資格を有する者」が必要だと記載されている。何の説明も公表されない全く意味不明の条件である。常識的に考えてあり得ない条件である。
競技者と審判員が同一人物で、どうして試合中に公正で公平な審判、判定が出来るのだろうか。審判員が選手で、選手が審判員で、競技はどうなるのかね。そんなスポーツ見たことも聴いたこともありません。
 旧知のペタンク愛好者で「ペタンクは相互審判の競技」と根拠不明の信念信条を持ち続けている人がいるだろうけれども、現在のルールを正確に精査すれば、そのように思いこむ要因はなくなったといえる。
旧規則(2010,10・izmir)第30条第2項では「各チームは相手チームに対する確認(ボール、テラン、ライセンスなど)を行う責任がある」とチーム選手相互に監視、確認の責任が記載されていたが、今回の改正でこの項目が削除されたこと。また
旧規則(2010,10・izmir)第25条では両チームが計測出来るが、改定された規則(2016.12・madagascar)では加えて「審判員のみが計測出来ると定めることが出来る」と記載され、審判行為の独立が示されている。
ましてや審判員は今回から違反行為を厳密に監視し、黄色、橙色、赤色の違反カードを適正適時に掲示しなければならないという責務が新たに加わったのである。
このように今回改訂された規則では、審判員の責務と権限は、旧前の規則と比較にならないほど重大で厳正さを求められる内容となっている。とても試合中、選手が片手間に審判、判定できるような安易な規則改訂にはなっていないことである。
ペタンクの競技大会で選手が審判員を兼務するなどあってはならないと思う。選手はあくまで競技に専念してこそ、ペタンクのレベルアップにつながり、競技の醍醐味をみせることが出来るのだと信じたい。
 大会参加資格に「審判員資格」の有無が規定されているのは常識では考えられない発想である。

  

Posted by ペタンクロウ at 18:51Comments(0)ペタンクのルールペタンクの競技

2017年08月03日

2024年のオリンピックはフランス・パリ

3年後の2020年東京オリンピックはいろいろと話題を提供しています。ペタンク競技は採用されませんでしたが、2024年開催のオリンピックはパリで行うことがほぼ決定したというニュースを聞きました。
 2024年パリで行うオリンピックでは間違いなくペタンク競技が採用されるでしょう。その時、もしアジア地域の予選があるとしたら今の日本のレベルでは難しいでしょう。今までにタイ、ベトナムなどの選手と対戦して良い成績を上げたことがないし、今の組織体制では期待は薄い。
 7年後のオリンピック開催時までに若い選手を育成する展望と計画を立て、小中学生を対象にペタンクを普及する情熱を持つ者が増えなければ日本でのペタンク競技はガラパゴス競技となり、少数の愛好者の「ひとりよがり」のままで終わるだろうと懸念している。
 どんなスポーツ競技でも、その種目団体の組織理念の有無で発展するかどうかが決まるのだろう。組織の幹部は直接に競技に参加することではなく、競技全体の発展のために選手の発掘、育成、指導をはじめ、選手全体のレベルアップを目指して取り組みを強め、様々な面でネットワークの構築に専念しなければならないのだろうと思う。今、日本のバスケット競技が組織的にも運営的にも統率され、その結果、以前に比べればリーグ戦としての興味を集め、マスコミにも取り上げられる機会が多くなっているのが何よりの証拠だと思う。
2024年パリオリンピックhttp://www.paris2024.org/en/engagement  

Posted by ペタンクロウ at 01:35Comments(0)ペタンクの競技