2020年08月12日

極暑日のお盆を迎えて

「夏日」「真夏日」は理解できるが、「極暑日」の暑さは心身ともに理解を超えている。

 入浴時お湯の温度が体温を超えていても異常とは思わないが、気温はそうはいかない。今日の屋外でのペタンク競技を始める時の気温は36℃。典型的な熱中症が起きる条件がそろっている。帽子を被っていても体の中から血がふつふつと沸騰しそうだ。
 
こんな日はどうするか、いつもならコートを作ってから試合を始めるが、そこは機転を利かして臨機応変、TPOの考えで競技場にある樹木の木陰と建屋の軒端の日陰を利用して定点の固定サークルを設定し、フリーコートにしてビュットを投げ、試合開始となった。これで直接には太陽光を長時間全身に浴びることを避けることが出来るので、一応の熱中症対策となった。勿論「三密」も避けて。

 「競技会代替の競技」は2回目、いつもの試合進行の雰囲気と違うのだ。何が違うかと言えば「転がし」が圧倒的に減って「ティール」を目指して競い始めたのである。試合に参加している選手全員が投球する1球1球に目を離すことなく注目しているのである。その1球が何ポイントになるのか見極めなければいけないから。いつもにない緊張感に満ちていて心地いいし、楽しい。








 こうして今は新型コロナウイルスと熱中症、2つの予防対策をしっかりと意識し認識して健康維持とストレス解消につとめている。
 仙台は青葉まつり、七夕まつりが中止。8月の旧盆を迎えた今、まだまだ暑い日が続くけれども、ペタンク競技を通して楽しい日々をと願っています。

  

2020年08月08日

新型コロナウイルスの拡散

ところで、

 新型コロナウイルス(covid-19)の宮城県での感染はついに150名をこえた。東北6県では最多の感染県となった。仙台市は人が集中する場が多く、感染拡散になりやすいからだろう。

 仙台市のウイルスのPCR検査体制は1日260件の検査能力を持っている施設があり、翌日には陰性陽性の区別が判るという。発生の地域や場所が公表されることもあるので、どう注意したらよいか外出時には大いに参考になっていることは確かである。

 日々の暮らしではお互い外出時「三密」をさけ、慎重な行動を取っています。が、怖いものは怖い。ウイルスは人を選ばないし、差別なしに感染します。年齢も性別も、ましてや社会的環境さえも拘わりなく感染してきている。

 私共ではペタンク競技は基本的には個人競技ですので、「三密」をさけ、感染予防対策を厳しく守って行っている。競技中、ティールなど美技があった時、「BIEN‼」とか大声を出していましたが、それとて今は2個のボールをぶつけ合わせて「カシャカシャ」と鳴らすとか、拍手で称賛しているのです。、
 今、競技会の代替催事として「投球技術競技会」を行っている。1試合ごと、投球した選手のボールが「カロー」した場合は5点、「ティール」3点、「ビブロン」2点、「カランボレー」4点などと予め得点を決めて選手個人ごとに合計点を競っている。その投球の得点認定は、参加選手全員が認めることとしているのでトラブルはない。これはこれで、技術向上に選手お互い励みになっていて、ゲーム展開も楽しく取り組んでいる。
  

2020年06月13日

試合進行に支障なく physical Distanceを。

仙台も梅雨入りとなりましたが、今のところ大雨の予報が出ていないのが一安心です。5月29日以降宮城県では感染のニュースがないのも嬉しいことです。ただ気温が30℃前後で推移していますので熱中症には気をつけたいものです。屋外での徒歩行時は帽子を被るなど紫外線防止に留意するようのにしています。マスクは人混みのしている店内や地下鉄では着用しますが、周囲に人がいない場合はマスクを外して息苦しくならないようにしています。

 前回ペタンク競技試合中での選手の立ち位置をイラストで紹介しましたが、実際は写真のように各選手お互いの間隔を意識してプレーしています。
試合進行には何の支障もなくたのしんでいます。もともとペタンク競技のルールでは投球する選手の邪魔にならないように他の選手は2メートル離れて居ることが定められているので、ルール順守の良い機会でもあるのです。



  

Posted by ペタンクロウ at 22:29Comments(0)ペタンクの競技コミニケーション

2020年05月28日

感染防護します。ペタンク競技です。

5月25日、国の「緊急事態宣言」を解除したのを受け、県は5月26日から7月31日までの67日間「移行期間」とし、施設の使用制限要請を公表しました。これに伴い仙台市の公共施設の1つである「老人福祉センター」の施設利用について具体的対象方法が明示されました。

 前回、記述した「新型コロナ・ウイルス感染防止対策」案として提案したペタンクの競技方法ですが、競技する選手間の間隔を1m以上を1.5m以上に変更します。

 競技状景をイラスト図で比べてみると、選手の立ち位置がよくわかると思います。


(上図・今までの選手の立ち位置)
(下図・感染防止対策での選手の立ち位置)
  

Posted by ペタンクロウ at 17:59Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2020年05月26日

ペタンク競技での新型コロナ・ウイルス感染防止対策について

新型コロナ・ウイルス感染防止対策について

日本では2月以降新型コロナ・ウイルスの感染が広がり、人間の生命、健康に極めて危険な疫病であることから世界全体でその感染防護の施策が喫緊の課題として取り組まれています。
 5月26日「緊急事態宣言」が全面的に解除されました。しかし新型コロナ・ウイルスの感染流行に対して安全宣言、終息宣言は未だなので決して油断が出来ないということでしょう。屋外でスポーツを楽しむ、健康を維持する運動をするには十分な注意が必要なようです。

多くの人々が参集するスポーツ競技にとっては「密閉・密集・密接」の「三密」を避けることは大変困難な課題となっています。
ペタンク競技界では、4月以降の大会が殆ど中止、延期となっています。

 ペタンク競技では大会ではない平常時の競技会では、どのような対策を立てて行うかは特別通知はありませんが、感染防止対策として次のような方法で競技を進めたいと考えています。一つの提案です。
基本としてルールを大幅に変更することなく「三密」を避け、ストレスと運動不足の解消を図り、楽しく競技が出来る方策を考察してみました。

<トリプルス試合の場合>
1.選手が投球時、投球しない両チームの選手は、ルール(17条)に従
  い、 ビュット後方のコート両側に立ち位置を取るが、この時、密接を
  避けるためにそれぞれの選手は1メートル以上の間隔を空けて横
  並びに待機位置すること。(イラストは次回掲載予定)
2.ビュットとボールの距離を測定するのは専ら審判の作業とし、選手はコ
  ート両側に待機したまま関わらないこと。
3.メーヌ終了時、ボールを拾い集める順序は次のように(密集接防止)
  最後にボールを投げた選手相手チームの選手 ①の選手
   のチームの選手  ②の選手のチームの選手  ①の選手
   のチームの選手  ②の選手のチームの選手  
   ただし、一人の選手が自分のボールをすべて拾集し、コート側に離
   れてのち5秒後に次の順番の選手がボールを拾集すること。
4.その他留意すべきは試合中、選手は相互に1m以上の間隔を保ち
  ①投球する選手はサークルに立った時、マスクを外すことができる。
       (呼吸調整のため) 
  ②大声を出さないこと。大声で喋らないこと。
  ③ボールと拭布は各選手専用とし共用しない。
  ④飲食器類は共用しないこと。
  ⑤競技終了後はボールと手指を丁寧に水洗いすること。   
   

2020年05月09日

再び、ペタンクの投球法?

 ペタンクの投球法はいろいろあるかも知れませんが、重さのある物体(ボール)を遠くへ飛ばす、投げるのには大雑把に言って2つの方法があり、一つは直接物体(ボール)に力=体力、筋力を加えてやる方法と物理学的力=円運動の慣性力を利用する方法とがあります。この2つの方法を複合して行うのが最も効果的であると考えています。
 
 一つ目の方法=体力、筋力は個人差が大きく、体格や年齢によって、その運動量は大きく違うのが普通であり、成長期と減退期とで全く違うのは当然で、高齢者が加齢によって、その体力が減衰していくのは自然の摂理。 それに比べ物理学的な円運動の慣性力は条件が同じであればその運動量の違いは小さいのです。
従ってペタンクの投球では体力、筋力だけで投げようとすれば選手の体力次第だとか、体力の限界という問題になってしまいます。しかし、物理的円運動の「遠心力」を利用し、運動量を複合的に大きくすれば、体力、筋力だけに頼らない投球が出来ると考えます。実際の投球動作ではこの方法を採用した方が効率がよく合理的で持続性が高いと思います。

 この体力、筋力と物理学的力=遠心力等をうまく結合し利用してボールを投げるのには、その方法を習得しなければなりませんが、この投球法は比較的安定しているのでティールを投げるには最も適しているようです。
 高齢の80歳を過ぎた今でも体調さえよければ7,8メートールのティールはかなりの確率でヒットするので、とても楽しいし、ストレスの解消にも体力の維持にもなるので、お勧めの投球法なのです。
 詳しいことは拙書「ペタンクの投球法」に紹介しています。屋外でのペタンク練習が難しいこの時季ぜひ参考までに読んでみて下さい。PRです。


  

Posted by ペタンクロウ at 12:41Comments(0)ペタンクの投げ方ペタンクの競技

2020年02月10日

雪は降らないがーー。

今年は本当に温かい。雪は殆ど降らないし、氷も張らない。窓ガラスの結露もない。仙台は1月なのに雨降りであった。
 しかし、2月に入ると寒波が漸くやってきて、このところの寒さが厳しくなってきた。
地球は年々異常な状態に変化してきているのだろう。災害の規模も昔の災害の何倍もの規模で被害が出て全く予測が出来ないという。
 今年は降雪量が少ないから夏には渇水になるだろうと予測されているようだ。地球規模で温暖化、CO2の影響が出始めているという。

 仙台では最高気温が一桁の5℃前後。ペタンクのボールを握ってプレーするにはまだ無理がある。
そういうことなので今はペタンクの投球にも健康の維持にも必要な筋肉を鍛えるストレッチをそろそろ終えて、投球練習を始める順序としてシャドウ・トレーニングに移ろうかなーーという時期にはなってきている。

 ペタンク投球で大切なのは投球に必要な筋肉をキチンと意識して動かすことである。投球フォームを自分のものにするためにも投球動作のルーチンを繰り返し行って身に着けることだろう。筋肉は決して記憶しない組織なので動作の順序=ルーチン=は脳と体の感覚に記憶させなければならないという厄介さがある。同じ動作を正確に何度でも繰り返すことが出来ればよいのだが、結構難しい。ティールが難しいのはその故である。

 そこで正確に同じ動作を繰り返すことが出来るようにし、ボールが同じポイントに当たるように投球練習をはじめること。
まずはじめにすることは、ボールを投げた時、投球フォームが崩れない、この練習から始め、ボールを持った腕を思い切り大きく振り回してみます。恐らく上半身はぐらぐら動き、踵は浮き上がり、膝に重力を感じることになります。この時、身体の重心の位置を感じ取ることが出来ます。身体全体の感覚が鋭くなるようにしたいのです。この投球動作の感覚が得 られるようにするのがこの時期のポイントです。(続く)  
  

2019年12月20日

体幹トレーニング・2

  冬季間に「ペタンクの投球」が容易になる身体つくり、勿論健康維持のためでもありますが-、有効なトレーニングの方法について書いてみます。 

トレーニングの主な目的は体幹を中心に筋肉の可動範囲を広くし、バランスよく筋肉の能力を向上させることです。

 ペタンクの投球動作では腕を振ってボールを投げるので、腕の筋肉を中心に強化すればよいと考え、まさに「小手先」の技術向上に取り組んでしまうことになります。すると、身体全体でバランスのとれた筋力、運動能力、フォームには程遠いものになっていくようです。
 初めに小手先だけのトレーニング方法を覚えて、そこそこ上手になったと思い込んでしまうと、悪いことに身体全体のバランスのとれたトレーニング方法がなかなか身につかないという弊害が出てくるようです。

 身体の運動の中心は体幹にあり、この体幹の筋力が十分にバランスの取れたものになっていないと運動能力の限界を早めに感じることになるようです。

 前回、紹介した「体幹トレーニング」はよく知られている筋力トレーニングの方法のひとつですが、これはまず犬猫のように四つん這い
になってから手と脚を左右交互に、呼吸に合わせて、ゆっくりと上げ下げする運動をそれぞれ10秒程度静止しながら行います。回数は3回以上が目安ですが、筋肉が疲れる時は1回だけでも良いようです。

 毎日続けることが肝要なので、入浴後、体が温まっている時に行うと効果的です。 
 小生は夜、入浴後就床前に行っています。少し疲れて寝つきもよくなるというオマケも付きます。
  

2019年11月28日

寒さが募ります。

 これからは日一日と寒さが増していく季節、東北の仙台では寒くなる一方で気温も10℃以下になると屋外での練習は有害無益?指先が凍えて感覚さえ分らないのではどうにもなりません。風邪をひくだけです。

 やはり寒冷期のペタンク競技は室内で体力の維持、増強に努めるのが一番でしょう。寒い屋外で冷たい鉄のボールを握って投げ、凍えながら頑張ることは避けたいものです。
 ペタンク競技での体つくりの基本は「バランスのとれた筋力つくり」そしてその根幹をなすトレーニングの目的は「ぶれない体幹つくり」だと考えています。腕力、握力をどんなに強くしてもペタンクの投球技術のレベルアップにはつながらないでしょうし、肩甲骨の可動範囲を広くしてバックスイング動作を大きくしてもティールの当たる正確度が上がるとは限りません。
この時期は身体全体の筋肉の動きをバランスのとれたものにするためのトレーニングこそが大切だと考えています。冬場に鍛えておきたいのは「体幹」、この体幹を強くするトレーニングは時間がかかるので、今の時季が最も適切なのではないでしょうか。
 「体幹」を鍛えるトレーニングはいろいろありますが、自分の体に過重な負担がかからない的確で効果的なトレーニング方法を見つけることから始めるのが良いようです。
 そこでいろいろな情報から「体幹」を鍛えるトレーニング方法を検索し、随時紹介してみたいと思います。
  

体幹トレーニング1


  

2019年11月17日

ワールド・マスターズ・ゲームって?

ワールド・マスターズ・ゲームズって何だろう?

ワールド・マスターズっていうのは、35歳以上の陸上競技等の選手を対象にした世界大会だけれども。

そこで少し調べて分かったのは、

この「ワールド・マスターズ・ゲームズ」とうのはオリンピック競技にない競技種目の世界大会。おおむねオリンピック開催の翌年に開催していて、中高年の選手を対象に開催している国際スポーツ大会らしい。そして、この世界大会が2021年に日本(関西)で行われるという。

 それで「ペタンク競技」はーーーというと、35競技59種目の競技ではなく、オープン競技の30種目の1つになっているらしい。が、日本での開催を主宰する団体がどこなのか、実行委員会があるのか公表されていない。なのにリハーサル大会が先日西ノ宮市で早くも開かれているのだ。
テレビにも新聞にも情報が伝えられていない。「世界」という冠名がついているけれど、どうやら実はマニアックな人たちの小集会なのかな。わからない?
  

Posted by ペタンクロウ at 23:26Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション