2018年01月19日

ペタンク競技の基本について考える(2)

前回書きましたが、ペタンクの投球姿勢はブレないフォームを作るために骨格の位置を正しく認識する必要があります。
そして、その骨格の正しい位置を維持をするためにバランスの取れた筋肉作りをどうするかを考えます。

まず初めに「基本的な投球姿勢」とは、どういう姿勢なのかを明確にしておきます。
それは、直立不動とか、「気を付け」の姿勢ではなく、ゆったりとした「自然な姿勢」を作ることにあると思います。

 「自然な姿勢」とはどんな姿勢かと言えば、両脚で立った時に身体のどこの部分にも(特に感覚的には足裏で感じる体重の移動)緊張や負担を感じない姿勢です。
目を瞑って両脚で立ってみるとわかりますが、時間の経過とともに身体が揺れてきます。バランスがずれていくのでしょう。平衡感覚と言われる感覚だと思います。

 ここで「自然な姿勢」の作り方として「ナンバの姿勢」「站椿功の姿勢」と言われる方法があります。

下半身から言うと
1.両足を拳一つ位の幅、間隔を開けて立ちます。
2.両足の親指を外側に向けてY字型、または「逆ハの字」型に開きます。(当然両膝も連動して外側を向いて開きます)
3.足の指全部を少し内側に丸めます。
4.両膝を前に押し出すように少し前に折り曲げます。
この一連の動作をして「ナンバの姿勢」の下半身姿勢を作ると、下半身の主要な筋肉、下腿三頭筋、大腿四頭筋、ハムストリングが緊張から解放され、外部からの働きかけに柔軟に対応できるようになると考えています。

この下半身の姿勢でボールを投げてみてください。ボールの飛び方が違ってきます。投げ終えた手が目的地点から外れることが少なくなります。

続きは次回に。
ナンバの立ち姿勢1
  

Posted by ペタンクロウ at 18:48Comments(0)ペタンクの投げ方ペタンクの競技

2018年01月09日

ペタンク競技の基本について考える

昨年12月に投稿したペタンクの投球についての方法ですが、ペタンク競技は鉄製のボールを投げる競技だが砲丸投げなどの投擲競技と違って「より遠くへ投げる」ことが競技の目的でないのです。
6m~10mという比較的短い距離にある目的球に重さ650g~800g程度の鉄球を正確に投球し近づけることが目的なので体力的には強い大きな筋力を必要としない。 と言う特性があります。

 それではペタンク競技ではどんな投球技術が求められるかというと、バランスの取れた筋力と、ブレないフォームを作る骨格の維持にあると言えます。筋力の鍛錬は身体全体の筋力のバランスを十分に配慮して行わないと一部分だけに偏った筋肉がつくと安定した投球力をつけることが出来なくなります。それでも筋肉が若く丈夫な間は偏った力を抑えて投球できる耐久力が大きいので上手に行きますが、次第にフォームが崩れてきて競技力は長続きはしないようです。

 それでは筋力をどうつけるか、即ちどこの筋肉を意識してどう鍛錬するかを認識しないままで、ただ闇雲に投球だけを数多く練習しても安定した成果を得ることは難しいと思います。

 フォームも同じことが言えます。フォームを作る姿勢、骨格の在り様が身体全体のバランスを左右するからです。投球の始めの姿勢と投球を終えた時の姿勢、骨格の位置が大きく違うと、それだけ骨の関節部分と筋力の移動が大きい訳ですから必然的に疲労が蓄積されます。
 以上、この2つの点を基本的に認知し、理解してから筋力の鍛錬、フォームの維持、練習の方法を考えるのが妥当かなと思っています。
 これが私のペタンク競技に関わってきた経験からの考えです。

次に続く。
  
  

Posted by ペタンクロウ at 19:28Comments(0)ペタンクの投げ方ペタンクの競技

2017年12月21日

冬閑球話

東北も北海道も寒冷地では12月から3月位までペタンクはシーズンオフである。
寒冷地でも暖房設備の整った屋内コートがあればペタンク競技は出来るが、現在そのような設備の整ったところがあるという情報は聞かない。
そこで、ペタンク愛好者に冬期間にできることは何だろうかと考えると、身体の鍛錬と、ペタンク競技の研究ではないだろうか。
ということで、私流にペタンクをいろいろと考察してみたいと思い、筆を執りました。
 初めに身体の鍛錬ですが、ペタンク競技の場合、身体を強肩強靭偉丈夫、または頑健剛腕強拳などを目的にすることはないと思います。
むしろ柔軟な筋肉としっかりとした骨格作りが求められると思います。
 例えばフランスのDylan Rocher選手のティールを投げる時のフォームを見てください。実に身体の動きの柔軟さが見て取れます。これとは対照的にPhillippe Suchaud選手はいつも同じフォームで体をぶらさないで投げています。骨格がしっかりしている所以であるとわかります。
 このようにペタンクの投球は身体の骨格と筋肉の大切さが基本になっていると考えています。 そこで、この骨格と筋肉の--。
続きは次回に。




  

Posted by ペタンクロウ at 17:50Comments(0)ペタンクの投げ方ペタンクの競技

2017年11月02日

世界のペタンクは?

ちょっと検索を怠っていると、世界中のペタンク界はどんどん進化していますね。

アジア・ブール・スポーツ連盟(ABSC)がインターネット上で公式のWEBサイト(asianboulessport.org)を10月1日開設しました。ぜひご覧ください。
アジア選手権大会などの開催が発表されています。

11月8日~12日、隣国の中国の開化県で世界ペタンク選手権大会が開かれます。
世界ペタンク選手権大会。国際的に「中国のペタンク競技への取り組み」が評価されている何よりの証拠でしょうね。




  

Posted by ペタンクロウ at 11:59Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2017年10月18日

寒くなりました

ホント寒くなりました。最高気温が15℃、勿論長袖を着てペタンクをしていますが、東北の冬が早そうで、嬉しくありませんね。
 ペタンクはゲーム中、とてもコミニケーションが取れやすい故かブログやツイッターなどSNSなどを利用しての発信が少ないですね。
 大会があっても、報告は試合結果のタダの記録だけ。まるっきり雰囲気のわからない素っ気ない内容ですね。
 先日の選手権大会、本当は酷い豪雨に見舞われ、選手たちは試合を楽しむどころか体調維持に留意しなければならなかったようで、若くて体力十分な選手が有利になったのは当然の理。おつかれさまでした。
 雨天時は本場フランスでは体育館を使い、館内の床上に砂利を敷いてコートを設置して競技を行っていますが、日本ではトテモトテモ夢のような話でしょうね。 
 ところで今年の世界選手権大会は12月中国での開催ですが、日本からの参加はあり?関心あり?
  

Posted by ペタンクロウ at 17:11Comments(0)ペタンクの競技

2017年09月14日

世界ペタンク選手権大会の決勝戦が

2017年度の世界ペタンク選手権大会が開かれ、男子ダブルス戦の決勝戦の模様がYOUTUBEで見ることが出来ますよ。
新しいルールで行われていて、審判員が2名常時監視していること。審判員が反則の黄色のカードを提示するところや監督の立ち位置とか、選手とのやり取りとか、またビュットが10メートルを越えた時のやり直しの状況などが見られますので、とても勉強になります。
映像からは試合の緊張感がヒシヒシと伝わってきます。必見です。 画像がとてもきれいで見易くなっています。

https://www.youtube.com/watch?v=YjFiKYPwg04  

Posted by ペタンクロウ at 22:15Comments(0)ペタンクの競技

2017年09月08日

9月15日金曜日ペタンクです


今年は七夕が雨降りで、お盆も雨降り。夏を感じることが少なくて早くも9月、秋の声。蝉の声もネーーー。
さて、漸くに青空の下のイベント「ジャズフェスティバル」が始まりますね。楽しみです。
ペタンクも久しぶりに9月15日、泉区の七北田公園で開きます。
よろしかったらどうぞ。午後2時くらいからです。

  

Posted by ペタンクロウ at 17:29Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2017年08月11日

選手には審判員資格が必要か


ペタンクは世界のスポーツです。日本独自にルールを作ったり、システムを作るのは勝手でしょうが、喜ばしいことではないと思います。
2017年の第32回日本ペタンク選手権大会の開催要項を見ると、参加を希望するチームの選手には「審判員資格を有する者」が必要だと記載されている。何の説明も公表されない全く意味不明の条件である。常識的に考えてあり得ない条件である。
競技者と審判員が同一人物で、どうして試合中に公正で公平な審判、判定が出来るのだろうか。審判員が選手で、選手が審判員で、競技はどうなるのかね。そんなスポーツ見たことも聴いたこともありません。
 旧知のペタンク愛好者で「ペタンクは相互審判の競技」と根拠不明の信念信条を持ち続けている人がいるだろうけれども、現在のルールを正確に精査すれば、そのように思いこむ要因はなくなったといえる。
旧規則(2010,10・izmir)第30条第2項では「各チームは相手チームに対する確認(ボール、テラン、ライセンスなど)を行う責任がある」とチーム選手相互に監視、確認の責任が記載されていたが、今回の改正でこの項目が削除されたこと。また
旧規則(2010,10・izmir)第25条では両チームが計測出来るが、改定された規則(2016.12・madagascar)では加えて「審判員のみが計測出来ると定めることが出来る」と記載され、審判行為の独立が示されている。
ましてや審判員は今回から違反行為を厳密に監視し、黄色、橙色、赤色の違反カードを適正適時に掲示しなければならないという責務が新たに加わったのである。
このように今回改訂された規則では、審判員の責務と権限は、旧前の規則と比較にならないほど重大で厳正さを求められる内容となっている。とても試合中、選手が片手間に審判、判定できるような安易な規則改訂にはなっていないことである。
ペタンクの競技大会で選手が審判員を兼務するなどあってはならないと思う。選手はあくまで競技に専念してこそ、ペタンクのレベルアップにつながり、競技の醍醐味をみせることが出来るのだと信じたい。
 大会参加資格に「審判員資格」の有無が規定されているのは常識では考えられない発想である。

  

Posted by ペタンクロウ at 18:51Comments(0)ペタンクの競技

2017年08月03日

2024年のオリンピックはフランス・パリ

3年後の2020年東京オリンピックはいろいろと話題を提供しています。ペタンク競技は採用されませんでしたが、2024年開催のオリンピックはパリで行うことがほぼ決定したというニュースを聞きました。
 2024年パリで行うオリンピックでは間違いなくペタンク競技が採用されるでしょう。その時、もしアジア地域の予選があるとしたら今の日本のレベルでは難しいでしょう。今までにタイ、ベトナムなどの選手と対戦して良い成績を上げたことがないし、今の組織体制では期待は薄い。
 7年後のオリンピック開催時までに若い選手を育成する展望と計画を立て、小中学生を対象にペタンクを普及する情熱を持つ者が増えなければ日本でのペタンク競技はガラパゴス競技となり、少数の愛好者の「ひとりよがり」のままで終わるだろうと懸念している。
 どんなスポーツ競技でも、その種目団体の組織理念の有無で発展するかどうかが決まるのだろう。組織の幹部は直接に競技に参加することではなく、競技全体の発展のために選手の発掘、育成、指導をはじめ、選手全体のレベルアップを目指して取り組みを強め、様々な面でネットワークの構築に専念しなければならないのだろうと思う。今、日本のバスケット競技が組織的にも運営的にも統率され、その結果、以前に比べればリーグ戦としての興味を集め、マスコミにも取り上げられる機会が多くなっているのが何よりの証拠だと思う。
2024年パリオリンピックhttp://www.paris2024.org/en/engagement  

Posted by ペタンクロウ at 01:35Comments(0)ペタンクの競技

2017年04月26日

「ペタンクの競技規則」の変更まとめ

4月19日、春の明るい便り、桜の開花情報が各地から伝えられている。今は東北地方を北上中、青森県弘前市の弘前城の桜は枝ぶりが大きく周囲の景色と相俟って花の美しさをより増しているようだ。桜の薄紅色が石垣、堀と見事に調和がとれているのがいい。
 
 今回の「ペタンク競技規則」の改訂で、一番大きな変更箇所はビュットの投げ直し禁止と、反則時に黄色、オレンジ、赤の3段階別のカード提示だろうと思う。
 試合中、審判員がカードを提示して反則行為を宣言すれば選手も観客も大会関係者も、誰の目にも明確に判るのだから判定の紛糾で無駄な時間を費やすことがなくなるだろうし、試合進行の円滑さにもつながるだろうと思う。

 35条の罰則規定に該当する反則行為、反則カードが提示される項目をピックアップしてみた。

1、サークルの外に足が出たままでボールを投げた時。(6条)
2、サークルを踏んだまま投げた時。(6条)
3、ボールを投げた時、サークルから足が地面から離れた時。(6条)
4、ティールをする時、ティールするボールの前をキレイにならした選手。(10条) 
5、ボールを投げる時、ボールを拭かないで泥や何かを付けたまま投げた時。(16条)
6、試合中、コートで試し投げをした選手。(18条)
7、1分間の投球時間をオーバーした選手。(21条)
8、足でボールとビュット間の距離を計測した選手。(26条)
9、試合中、審判員の許可を得ないでコートを離れた選手。(32条)

 試合中、審判員は常に目を光らして反則行為があったかどうかを監視していないといけないのかも知れない。大変だ。サッカーやラグビーの審判員と同様に常時、確かな注視と厳正な判断力が求められるのかな。緊張しますね。





 







  
  

Posted by ペタンクロウ at 01:03Comments(0)ペタンクの競技

2017年04月21日

ペタンク競技規則の変更(9)

4月、全国各地から「桜開花ニュース」が伝えられ、ご当地も桜が満開、明るさが増してきて喜んでいます。屋外でボールを握る感触も戻りはじめ、競技も面白さが増してきています。
さて、4月の年度はじめの忙しさが一段落したところで、漸く規則改訂を再び見ることになりました。

ペタンク競技規則の変更(9)

第39条 悪質な言動
この条項は以前「無作法な言動」というタイトルでしたが、その意味合いを強めて「悪質な言動」と規定し直しています。この改訂の意図は「罰則」の条項同様、フランスをはじめ西欧諸国のTV等で報道されることが多くなったペタンクの試合では選手たちの服装や態度等が問われたのではないでしょうか。
「選手たちはキチンとした服装であることが求められ、とりわけ上半身裸で競技することを禁止する。また安全のためにも足の指先から踵まで完全に保護された靴を履くこと。」そして「競技では電子たばこも含め禁煙とする。同様に試合を通して携帯電話の使用を禁止する」の条項が追加されたのです。

以上、今回改定された競技規則を見てきましたが、その目的は競技の進行の迅速化と合理化を図ったことだと思います。日本でも世界のペタンク球界に遅れることなく敏速に適応能力を高め、国際大会でも成果を上げられる取り組みが求められているのではないでしょうか。

  

Posted by ペタンクロウ at 16:27Comments(0)ペタンクの競技

2017年03月25日

世界のペタンクの試合は新ルールです

注目です。
 
2017年、今年になってからフランス国内で開かれたペタンク競技会です。
2017年1月から施行されている新しいルールで行われています。
この画像の3分30秒、6分30秒前後の試合状況を見てみると、ビュットを投げた後の処理の方法が新ルールで行われているのがわかります。必見です。
現在のルールより試合の進行を重視したルールになっているのが一目瞭然です。
この画像を見てください。
http://www.dailymotion.com/video/x5fgx0c_finale-t-a-t-coupe-de-france-2017_sport
  

Posted by ペタンクロウ at 19:05Comments(0)ペタンクの競技

2017年03月21日

ペタンクの競技規則(6)

今回は第24条から条文を見てみます。
「規則に違反して投げたボール」は無効になり、取り除かれ、またその投げたボールで動かされたボールは「マークがされていれば」元の位置に戻せる。ことになっていましたが、今回からは第35条の罰則に当てはまる「規則違反」の場合は、対応が違うのです。

ではこの25条にある「第35条罰則」に該当する「規則違反」とは何かと言うと「第6条サークルの規則」「第10条障害物の移動」「第16条最初に投げるボールとその後の投球」「第18条投球とコートを出たボール」「第21条投球の時間」「第26条得点の計測」「第32条遅刻のチームと選手」の条項にある「第35条適用」の規定違反のことなのです。

今回から審判員は、選手が競技中、規則違反の場合、その違反が「第24条」に該当しているのか、「第35条」に違反しているのかを正確に判断しなければならないのです。
審判員は即時判断して処置しないと競技は混乱するでしょう。審判員の責務が増すことになりました。

第25条は変更なし。第26条「得点の計測」では「選手たちは審判員が計測中は2m離れていること」 /となり、測定時に覗きこんだりして邪魔してはいけないことになったのです。また同じ26条で「主催者の決定で試合のテレビ放送中継の場合は、審判員のみ計測の権限があると決められる」とあり、「テレビ映り」の見映えが考慮されています。

第27条「取り除いたボール」では「選手が競技中のコート内のボールを拾い上げた時、そのチームにボールが残っていれば、そのボールを投げることは出来ない」/という条文が追加されました。ペタンク競技はチーム競技なので、勝手にボールを拾うという「一人よがり」の行為、判断が如何に試合をダメにするか、を知ってほしいと思うことかと思います。

第28条に変更なく、第29条「ボールとビュット間が同距離」の条文で「両チームともボールがない時、そのメーヌは無効」で、「チームのビュット権は前のメーヌで得点したチームか、くじ引きで勝ったチーム」と説明が加わりました。
第30条、第31条は変更なしでした。

次回は「第32条」から見てみたいと思います。
  

Posted by ペタンクロウ at 17:17Comments(0)ペタンクの競技

2017年03月18日

ペタンク競技規則の変更(5)

3月も中旬、春分の候とはいえ仙台は「春のお彼岸前後に雪が降る」という言い伝えがありまして、今年も違わずに雪が降りました。
 それでも今までに比べ些か暖かくなってきました。最低気温は0℃以下になることもないのですが、最高気温はまだ10℃以下です。

 ペタンクを屋外でするにはまだまだの感がしています。それでなくても花粉症と風邪には注意しなければいけない季節です。鉄製のボールを握っても冷たくなく気持ちよく投げられる気候になることを待っています。

 さて、前回ペタンク競技規則を10条まで見てみました。そのあとの12条、13条に変更はなく14条で「メーヌ途中でビュットがコート外にでて無効になった時の措置」で、両チームともボールが残っている時、と、残っていない時、何れの場合も次のメーヌを始めるチームは「前のメーヌで得点をしたチーム」もしくは「くじ引きで勝ったチーム」という規定が追記されました。
 第15条、第16条、第17条、第18条に大きな変更はありませんでした。第19条での新たな追記は「一旦、無効区域に行って無効になったボールが何らかの理由でまた有効区域に戻って来てビュットや他のボールに当たって動かした場合」は元の位置に戻せるのですが、その場合も「ビュットもボールもマークされていることが条件」になりました。強いティールを打つ選手が居て、柵がコートの直ぐ後ろに設置されていてボールが跳ね返ってくる心配の時には大事な規定だと思います。第20条で文章の表現が変わったところがありますが、意味合いは変わらないようです。 第21条「投球時間」では、ビュットを投げる時間の制限は1分以内で変わりませんが「3回投げる」文言は削除され出来なくなりました。
 第22条、第23条とも変更はありませんでした。
次回は第24条からとします。
   

Posted by ペタンクロウ at 00:24Comments(0)ペタンクの競技

2017年03月11日

ペタンクの競技規則変更(4)

大分暖かくなってきました。でも未だ水も冷たく屋外で鉄のペタンクボールを握って遊ぶには寒すぎます。ボールを握って冷たさを感じなくなればよいのですが、寒い時期に無理してボールを投げても余り得策ではないようです。筋肉は緊張し、血管は収縮して身体活動にはマイナスでしょう。むしろ暖かい室内で筋トレに励んだ方が賢明です。
 さてペタンクの競技規則ですが、前回第6条で次のような条文が新たに付加されたのを見落としていました。「投げるボールが残っている時、選手がサークルを拾いあげた場合、サークルは元の場所に戻すこと。ただし相手選手のみボールを投げることが出来る」と書かれていました。自分のボールを投げ終わったらサッサとサークルを拾い上げる身勝手な選手にとっては大変ですね。「ゴメン」では済まなくなりました。
 第7条「ビュットを投げる距離の規定」の変更箇所を見てみると「投げたビュットが境界線から1m離れていること」が「時間制限のある試合」では「境界線から50cm離れていればよい」という規定が新たに付加されました。またビュットを投げる方法ですが、「前項の規定条件内でビュットを投げられなかった場合、相手チームが規定条件内でビュットを投げる。また相手チームは順番でビュットを投げる時には最大距離に投げられない位置にサークルが後退していれば前項の規定に従ってサークルを後退できる」と記述が変更になりました。この箇所の条文は従来の記述でも説明過剰で判り難い文章でしたが、いわば「ビュットを最大距離に投げられるところまでサークルを後ろに下げてもいいのですが、その場合はちゃんと規定に沿って投げて下さい」という意味合いと理解しています。
 競技開始の最初のボールを投げるのは、メーヌの最初に「ビュットを投げる権利」を得たチーム」であることには変更はありませんでした。
第8条、第9条には変更がありませんでした。第10条「障害物の移動」では「これらの規則を守らない選手は第35条の罰則が適用される」と。今までの「罰則第34条」が「罰則第35条」と条項が変更になりました。というのは従来の「第10条の2」が「第11条」に変更したので順送りで「第34条」が「第35条」になっただけなのです。
 それと、この第10条に「とりわけティールするボールの前をきれいにすること」が「罰則第35条」に抵触することが明記されました。ですからボールのくぼみを1か所埋める時は充分に気を使って下さい。
 長くなりました。次回にします。
今日で大地震大津波の大災害から6年が経ちました。しかし何年経とうとも災害の事実と人間の記憶は消えることはありません。問題は歴史をどう伝え続けるか、忘れずに未来にどう活かしていけるかということと思っています。災害に遭った人達、亡くなった人達のことを忘れてはいけないと。合掌。


 
  

Posted by ペタンクロウ at 16:40Comments(0)ペタンクの競技

2017年02月25日

ペタンクのルール変更

 FIPJP(国際ペタンク・プロヴァンサル競技連盟)はH.Pでペタンクのルール変更を公表しています。
アドレスは http://fipjp.org/index.php/fr/reglement です。
 
今回改正されたルールの特徴点は、私がみるところでは
1.今までは条項数が40条でしたが今回1条増えて41条になりました。
2.文章上の矛盾点や説明文の修正がされているようです。
3.より判り易い説明になっているようです。

競技規則第1条、第2条は変更がありません。
第3条「公認ビュット」の条項では「ビュットの重さは10g~18g」と付け加えられました。
第4条「ライセンス」では国際試合参加時の選手、選手団の登録の方法が記載されていますが、従来よりも参加資格の必要書類が明確に記載されています。
第5条は文章の構成が従来の文章と変わって記載されています。これは次回にします。  

Posted by ペタンクロウ at 23:05Comments(0)ペタンクの競技

2017年01月04日

あけましておめでとうございます

2017年あけましておめでとうございます。

2020年東京オリンピック、2024年は?
2012年立候補したけれどロンドン開催になり落選したパリ。2024年再び手を挙げたパリに決まれば間違いなくペタンク競技が競技種目になる。と。あくまでも予想だけれども・・・・・・。

 ペタンクは去年、niche sportの範疇にも入れず注目されることがなかったけど。それは、この情報化時代にペタンクの情報発信が全くもってお粗末すぎるからである。

 ペタンクは決して高齢者のスポーツではない。それが何よりの証拠は高齢の日本の代表選手が海外の試合に出場してもいずれも「参加することに意味がある」の結果を持って沈黙の帰国報告となっていることを観れば容易に理解できることである。

 ペタンク競技を「みんなが知らないスポーツ」からフランスの街ならどこでもプレーしているような「市民の日常のスポーツ」として広めようとするなら、これからどれだけ多くの若い人達にペタンクを広げることが出来るかどうかが課題であろう。これは競技団体責任者の先を見る能力と組織する能力、そして熱意が問われることであろうか。

 さて、小生は高齢なフリーな一ペタンク愛好者故健康維持と楽しみつくりに励み、ペタンクの仲間を一人でも増やすことに今年も専心していく。若い人、ペタンクに挑戦してみませんか。
 

  

Posted by ペタンクロウ at 19:06Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2013年10月04日

10月4日ペタンクします

10月4日(金)午後3時>時計
ペタンクします。パー
どなたもご気軽にいらしてください。face02   

Posted by ペタンクロウ at 00:56Comments(0)ペタンクの競技

2013年09月04日

秋空、ペタンクの球

8月の異常な程の高気温、健康害してまでのスポーツは控えました。
 9月になって、ようやく気温が平年並みになったところで、平年並みにペタンクはじめましょうか。
フランスの競技スポーツ・ペタンクを試してみませんか。
若い人、大歓迎。face02
ペタンク競技の本場フランスでの試合風景は、こんな風です
ペタンクは若い人が断然多いスポーツなのです。

日時:9月13日(金)15時
場所:泉区七北田公園
用具:当方用意
その他:運動し易い靴
雨天:中止  

Posted by ペタンクロウ at 19:08Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2011年07月12日

早くも暑中、それでも

暫くぶりに発信します。チョキ

何と早くも梅雨明けの宣言を聞きました。face02

南仏のスポーツともいうべきペタンクを、
試してみてください。

ストレス解消になります。親指

6メートル先のボールを『カチン!』と当てればの話ですが。
結構難しいですよ。

スズお待ちしています。泉区七北田公園・7月は毎週金曜日午後3時です。  

Posted by ペタンクロウ at 22:43Comments(0)ペタンクの競技