2020年02月10日

雪は降らないがーー。

今年は本当に温かい。雪は殆ど降らないし、氷も張らない。窓ガラスの結露もない。仙台は1月なのに雨降りであった。
 しかし、2月に入ると寒波が漸くやってきて、このところの寒さが厳しくなってきた。
地球は年々異常な状態に変化してきているのだろう。災害の規模も昔の災害の何倍もの規模で被害が出て全く予測が出来ないという。
 今年は降雪量が少ないから夏には渇水になるだろうと予測されているようだ。地球規模で温暖化、CO2の影響が出始めているという。

 仙台では最高気温が一桁の5℃前後。ペタンクのボールを握ってプレーするにはまだ無理がある。
そういうことなので今はペタンクの投球にも健康の維持にも必要な筋肉を鍛えるストレッチをそろそろ終えて、投球練習を始める順序としてシャドウ・トレーニングに移ろうかなーーという時期にはなってきている。

 ペタンク投球で大切なのは投球に必要な筋肉をキチンと意識して動かすことである。投球フォームを自分のものにするためにも投球動作のルーチンを繰り返し行って身に着けることだろう。筋肉は決して記憶しない組織なので動作の順序=ルーチン=は脳と体の感覚に記憶させなければならないという厄介さがある。同じ動作を正確に何度でも繰り返すことが出来ればよいのだが、結構難しい。ティールが難しいのはその故である。

 そこで正確に同じ動作を繰り返すことが出来るようにし、ボールが同じポイントに当たるように投球練習をはじめること。
まずはじめにすることは、ボールを投げた時、投球フォームが崩れない、この練習から始め、ボールを持った腕を思い切り大きく振り回してみます。恐らく上半身はぐらぐら動き、踵は浮き上がり、膝に重力を感じることになります。この時、身体の重心の位置を感じ取ることが出来ます。身体全体の感覚が鋭くなるようにしたいのです。この投球動作の感覚が得 られるようにするのがこの時期のポイントです。(続く)  
  

2019年12月20日

体幹トレーニング・2

  冬季間に「ペタンクの投球」が容易になる身体つくり、勿論健康維持のためでもありますが-、有効なトレーニングの方法について書いてみます。 

トレーニングの主な目的は体幹を中心に筋肉の可動範囲を広くし、バランスよく筋肉の能力を向上させることです。

 ペタンクの投球動作では腕を振ってボールを投げるので、腕の筋肉を中心に強化すればよいと考え、まさに「小手先」の技術向上に取り組んでしまうことになります。すると、身体全体でバランスのとれた筋力、運動能力、フォームには程遠いものになっていくようです。
 初めに小手先だけのトレーニング方法を覚えて、そこそこ上手になったと思い込んでしまうと、悪いことに身体全体のバランスのとれたトレーニング方法がなかなか身につかないという弊害が出てくるようです。

 身体の運動の中心は体幹にあり、この体幹の筋力が十分にバランスの取れたものになっていないと運動能力の限界を早めに感じることになるようです。

 前回、紹介した「体幹トレーニング」はよく知られている筋力トレーニングの方法のひとつですが、これはまず犬猫のように四つん這い
になってから手と脚を左右交互に、呼吸に合わせて、ゆっくりと上げ下げする運動をそれぞれ10秒程度静止しながら行います。回数は3回以上が目安ですが、筋肉が疲れる時は1回だけでも良いようです。

 毎日続けることが肝要なので、入浴後、体が温まっている時に行うと効果的です。 
 小生は夜、入浴後就床前に行っています。少し疲れて寝つきもよくなるというオマケも付きます。
  

2019年11月28日

寒さが募ります。

 これからは日一日と寒さが増していく季節、東北の仙台では寒くなる一方で気温も10℃以下になると屋外での練習は有害無益?指先が凍えて感覚さえ分らないのではどうにもなりません。風邪をひくだけです。

 やはり寒冷期のペタンク競技は室内で体力の維持、増強に努めるのが一番でしょう。寒い屋外で冷たい鉄のボールを握って投げ、凍えながら頑張ることは避けたいものです。
 ペタンク競技での体つくりの基本は「バランスのとれた筋力つくり」そしてその根幹をなすトレーニングの目的は「ぶれない体幹つくり」だと考えています。腕力、握力をどんなに強くしてもペタンクの投球技術のレベルアップにはつながらないでしょうし、肩甲骨の可動範囲を広くしてバックスイング動作を大きくしてもティールの当たる正確度が上がるとは限りません。
この時期は身体全体の筋肉の動きをバランスのとれたものにするためのトレーニングこそが大切だと考えています。冬場に鍛えておきたいのは「体幹」、この体幹を強くするトレーニングは時間がかかるので、今の時季が最も適切なのではないでしょうか。
 「体幹」を鍛えるトレーニングはいろいろありますが、自分の体に過重な負担がかからない的確で効果的なトレーニング方法を見つけることから始めるのが良いようです。
 そこでいろいろな情報から「体幹」を鍛えるトレーニング方法を検索し、随時紹介してみたいと思います。
  

体幹トレーニング1


  

2019年11月17日

ワールド・マスターズ・ゲームって?

ワールド・マスターズ・ゲームズって何だろう?

ワールド・マスターズっていうのは、35歳以上の陸上競技等の選手を対象にした世界大会だけれども。

そこで少し調べて分かったのは、

この「ワールド・マスターズ・ゲームズ」とうのはオリンピック競技にない競技種目の世界大会。おおむねオリンピック開催の翌年に開催していて、中高年の選手を対象に開催している国際スポーツ大会らしい。そして、この世界大会が2021年に日本(関西)で行われるという。

 それで「ペタンク競技」はーーーというと、35競技59種目の競技ではなく、オープン競技の30種目の1つになっているらしい。が、日本での開催を主宰する団体がどこなのか、実行委員会があるのか公表されていない。なのにリハーサル大会が先日西ノ宮市で早くも開かれているのだ。
テレビにも新聞にも情報が伝えられていない。「世界」という冠名がついているけれど、どうやら実はマニアックな人たちの小集会なのかな。わからない?
  

Posted by ペタンクロウ at 23:26Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年10月18日

台風19号の災害は、

 台風19号は日本列島に大きな災害を残して去っていった10月13日。
台風15号が千葉県全域に甚大な被害を及ぼしたばかりなのに、それを上回る更に大きな規模の巨大台風が東京都をはじめ関東一円、そして東北にも災害をもたらしたのである。1都7県55河川が被害を蒙ったというニュースが伝えられている。

 2酸化炭素ガスなど温室効果ガスの放出が原因で地球の温暖化が急速に進み、気象の変動が著しいと言われているにも関わらず、その改善施策、取り組みは殆ど進んでいないのが現在の世界。この課題はグローバルな課題だけに解決が難しいと言われているが、事態は悪化の一途を辿っているようで、その影響で気候変動が急速に進んでいるのではないかと危惧されている。
 今回の19号台風の大きさと強さは過去の記録にないほど膨大なものになったのは、こうした気候変動の一つの現れとも言えなくもない。

 今回の19号台風でペタンク教室を開いている施設の老人福祉センターが災害を蒙ったのである。建屋の裏山の崖が崩落、土砂が落ち、樹木が倒壊して建屋のボイラー、水道設備等を壊し、断水したという。13日、危険個所としてセンターの業務停止、閉館の措置が取られた。その故、急遽ペタンク教室も一旦休講、10月一杯お休みとなった。人災が無かったのが幸いだった。1日も早い復旧と担当職員の皆さんの安全をお祈り致します。ご苦労をおかけします。
 今回の台風襲来を前に機を同じくして、この愛用のパソコンがフリーズ。タッチ・パットが機能不全でマウス動作が全く出来なくなっ てしまった。
親戚でその道に詳しい人がいたので相談し、解決の方法を教えてもらい、漸くに復旧した次第。おかげで今こうして投稿をしています。
 いくら愛用しているといっても酷使の故だろうか、パソコンから抗議のストライキを受けたものと理解し反省しています。トホ。
  

Posted by ペタンクロウ at 23:24Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年09月27日

快挙‼生きがい健康祭ペタンク交流大会で優勝

9月26日開かれた第22回仙台市高齢者生きがい健康祭「ペタンク交流大会」に参加した「老人福祉センターのペタンク教室の受講生で編成したチーム」が優勝したと言う朗報が届いた。


 ペタンクを始めて未だ1年、3年の人の真面目さと熱心さが実を結んだと思っている。率直に嬉しい思い。昨年に続いて同じペタンク教室からの優勝なので皆の励みにもなるし、自信にも繋がると思う。

 教室でペタンク競技は高齢者の健康維持の運動として取り組み、勝敗は一つの経緯であり、目的にはしていない。それは
 ペタンクの投球技術の向上を図ること、身体の運動機能を十分に働かせることで健康維持を主眼に取り組んできた、その一つの成果かも知れないと思っている。
 高齢者にとって「健康で長生き」こそ大事なことはないのだから。
  

Posted by ペタンクロウ at 00:36Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年09月20日

世界と日本、解釈が違うルール?

 千葉県域を襲った台風15号の被害は極めて甚大にも関わらず、実状も実態も真剣に調査されず、緊急に生活支援、医療援助、インフラ確保が必要なのにその対処対策はあまりにも遅すぎる。災害等に関しての危機管理意識も能力も、その未熟さと遅滞さにはホント驚きを感じる。

 世界の近年の気象、天候の異常異変は「大きく、強く」なってきているのだろうか。今までの台風被害は河川の氾濫、山地の崩落であっても、その地域範囲は限定的であったように思える。しかし今回のように1県丸ごと広範囲に被害を蒙ることは前例がなかったのではあるまいか。気象現象が変動する速度が増し、かつその規模が急激に増大してきているのかもしれない。

 さて、前回、世界のペタンク競技のルールは統一された1つのルールで、世界どこへ行っても同じである。と記した。
しかし、日本ではご都合主義で「勝手にルール」を変更しており、そのことが因でペタンク競技の普及振興、啓蒙活動が進まないのではなかろうかと危惧している。


 ペタンク競技規則は、時代の要請に沿ってその内容を進化させてきている。2017年規則が改定された要所は①可搬用サークルの採用②ビュット投球の簡略化(3回から1回に)③イエローカード、オレンジカード、レッドカードの採用で観客に違反行為のアッピールを図り、④着衣着装、禁煙、禁酒などマナー面での規律をも重視し規定したことであろう。
 規則の内容は、①用具の規定②対戦試合の方法③禁止される違反の事柄④遵守すべき事項⑤許容される事項となっていて
当然③「禁止される違反の事項」を行った選手は違反カードが発行され、罰則が適用されることになった。
この規則改定で解釈が分かれる項目は⑤「許容される事項」である。

 それは選手が行うサークル、ビュット、ボールのマーキング(印付け)行為である。選手はマーキングを「しなければならない」とサークル(6条)ビュット(12条)ボール(22条)と定められているが、かと言ってマーキングをしない選手が違反カードの対象事由となり、罰則を受けることはない。ただしマーキングしていないボールやビュットが何らかの不測の事由で動いても動かされても抗議することが出来ないということの事項である。 従って選手がマーキングをするかどうかは選手自身の状況判断ということなのである。

 この競技規則にある選手たちのマーキング行為だが、youtubeやSNSなどインターネットでフランス、タイでのペタンク試合の動画を閲覧している限り、選手がマーキングしている画像は殆ど観ることが出来なかった。
 その理由を推測すれば、不測の事由でビュットやボールが動かされる心配がないからだろうし、必要以上のマーキング作業は試合進行を遅滞させ、観客の試合の興味をそぐことになるからだろう。
 試合中、コート傍に居た審判は選手がマーキングしなくても注意や警告を出す様子は見られなかった。
これが今の世界のペタンク競技の、試合風景であり、常識なのである。

 ところが、こうしたグローバルなペタンク競技界の様子を知らない?日本では、競技規則の文面だけを読み取り、1球ごとに投げたボールにマーキング(印付け)をしてゲームの進行を遅らせているという。こうしたルールの硬直的な理解がペタンクを詰まらないものにし、世界のレベルから違ったものに見せていることに気が付かないようだ。 

 また試合で1メーヌが終った時、次メーヌを始める地点にサークルを移動するが、その作業をする選手は誰でもよい筈なのに「最後にボールを投げた選手がサークルを移動させる」ことと言われている。これは単なる便宜的マナーなのにルールのように思い込んでいる人がいる。

  

Posted by ペタンクロウ at 19:02Comments(0)ペタンクの競技

2019年08月27日

ペタンクに良い季節

 8月も中旬を過ぎ、蝉の声から虫たちの鳴き声が聞こえてきそうな季節となった。気温も30℃を越える真夏日も少なくなってきたようだ。
熱中症を気にしないでペタンク競技ができるのが何より嬉しい。投球技術の向上は今の時期が一番効果的な気がしている。体調管理がしやすい季節だからである。

SNSを観てみよう。特にyoutubeでは、フランスでの「マスターズ大会」「マルセーユ大会」は歴史もありペタンク・フアンの関心度が高い。
2019年今年の大会の特徴は試合運営の進化と選手の技術レベルの高さだろうか。選手・チームの「寄せ」と「ティール」の正確さを示す度合いを百分率で表示して観客の注目度を集めている。動画配信の画像もきれいで十分に楽しめるのが嬉しい。

 日本でも、このような大会の試合情報を伝える方法を工夫し、改善していく取り組みを積極的に進める必要があろうかと思う。
 現状を改革し、新鮮なペタンク競技の情報を世間に伝えていく工夫をし、普及拡張を考えていかないとアッと言う間にマイナー道まっしぐら?となるかも知れない。ごく少数のマニヤックな集団だけになってしまう恐れがあるのではなかろうか。
ペタンクの球と的玉


 マスメディア、マスコミの新聞、雑誌、テレビ。そしてyoutubeをはじめとするSNSを含めてのマスメディアを活用しての情報伝達を積極的に進めること。全国の教育機関、小中学校、高校、大学のクラブ活動課目、体育科目にペタンク競技を採用するよう組織的に取り組むこと。 ペタンク競技空白地域に積極的に普及活動に取り組むこと。会社、法人、団体等一般の人に対しペタンク講習会を積極的に開いていくこと。等々普及拡張の手段は多様にある。
 あとはーー 組織がこれらの課題を真剣に取り組む姿勢があるかどうかである。ペタンク競技を活き活きとしたスポーツ組織にするかどうかは今、大きな岐路に立っているのではないか。
 さて、こうした中でペタンクの普及拡大に真剣に取り組んでいる団体(FIEP)の活動情報を観てほしいと思う。
(FACEBOOK⇒=渋谷区ペタンク= で検索する。)https://www.facebook.com/search/top/?q=%E6%9C%9B%E6%9C%88%20%E7%8C%9B%E3%80%80%E6%B8%8B%E8%B0%B7%E5%8C%BA%E3%83%9A%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%82%AF&epa=SEARCH_BOX
  

Posted by ペタンクロウ at 23:44Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年08月16日

炎暑が続く

炎暑が続くよ、いつまで。
最高気温が30℃を切らない暑い日が続く。
お盆休みで街中はどこも人々でいっぱいである。ペタンク競技は当然のように休みである。この休みに乗じて日本のペタンクの歴史を少し探ってみようと思った。

 はじめてペタンクに触れた本としていわれているのは北杜夫著「どくとるマンボウ航海記」(角川文庫140p)でモンマルトルで「ーーー閑そうな連中が鉄の玉を投げて遊んでいた。」と書いている。これが1959年(昭和34年)春先のことである。
 また伊丹十三著「ヨーロッパ退屈日記」(角川文庫249p)では「ーーー見る人に少々哀れを催させるほどに単純なゲームである。」と書き、「単純なだけに却って複雑な掛引き、高度の技術を要し、その「球趣は尽きるところがない」と書いている。これがフランスのゴルド(1965年(昭和40年))での話である。
この時伊丹十三氏は4人用の球をフランスから持ち帰って「全日本ペタンク愛好家連盟会長」を自称しているのである。(文中記述)
 この後、1969年、フランスから来日したポール・モーリア・オーケストラの指揮者ポール・モーリアはペタンク球を持ち込み、公演の合間に音楽仲間とペタンクを楽しんでいる。


当時の駐日フランス大使館と関わりの深かった「日仏文化協会」で働いていた通訳の村瀬良臣氏は、以後日本でのペタンク普及のため伊丹十三氏の意思を受け継ぎ東京都港区桧町公園で「第一回日本ペタンク大会」を主宰開催したという記録が残されている。ルールなどはこの時に翻訳され、適用されてきた。これを契機にペタンク競技の普及は組織としてその名称を「日本ペタンク連盟」として活動を始めていくのである。組織としての活動、運営はこの後複雑な変遷を重ね、今日に至っている。さて、この複雑な経緯は客観的な資料や記録が正確に残されていないので、記述することが極めて困難である。この経緯はどうあれ、
今はどうペタンク競技を普及拡張するかが課題である。この10年間、会員数約5000名の数字が殆ど変わらないからである。


、  

Posted by ペタンクロウ at 22:41Comments(0)ペタンクの競技コミニケーション

2019年08月09日

極暑の日本

暑い!暑い!  の日本列島。
年々地球温暖化が進み、今では地球熱帯化というほどの様相を呈している。

 20年前くらいの東北では30℃を越える夏の日は1週間ほどと記憶しているし、エアコンを設置している家庭は殆どなかったのである。
それが今ではエアコンがなくては体温調整が難しく安心して暮らせないほど気温が高い日が続いている。人間の体は長時間高温に耐えるようにはできていないのだろう、今年は熱中症で命を落とす人が増えているという。



 ペタンク競技は基本的に屋外のスポーツである。競技を楽しむのに高温対策が必須条件になっては大変である。より楽しい魅力的な競技環境を作ることが必要になってきているのではなかろうか。屋内グランド、雨天競技場の利用を積極的に考える必要もあるだろう。
 前にも記したが、私のところではペタンク競技は気温が30℃を越えた場合、熱中症対策として日陰にサークルを固定し、「30分プレー・10分休憩・塩分水分補給」を徹底している。もちろん臨時的対処である。
 行政機関からは「熱中症情報・暑さ指数」が毎日公表されいる。「原則運動は中止」の文言である。

 インターネットのSNSで観るとペタンク競技が屋内グランドで行われている映像を観ることが多い。羨ましい限りである。日本とフランスのペタンク環境の違いをまざまざと観せられる。

  

Posted by ペタンクロウ at 15:58Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション