2019年05月16日

太白区の60歳以上の皆さん!ペタンクです。

土曜日(午前10時から2時間)ペタンク競技をしませんか?参加者募集中です。

太白区に住んでいる60歳以上の皆さん、体に良い運動、屋外でペタンクしませんか。運動不足の皆さんに最適です。

場所は「大野田老人福祉センター」です。
地下鉄終点「富沢駅」下車、徒歩5分のところです。

ペタンクをお勧めするわけはーーー強い体力不要。
                      体をゆっくりと鍛えられる競技。
                     男女の差が少ないスポーツです。
                   技術を競い、技術の積み重ねることの勝敗となる。

ペタンクの体験にいらして下さい。用具の使用料など費用は一切不要です。
毎週土曜日10時から12時まで2時間楽しんで下さい。


センターの「受付」で「ペタンク体験を希望」と伝えてくださればご案内いたします。できれば運動できる見繕いでどうぞ。
  

Posted by ペタンクロウ at 18:58Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年05月13日

「体幹」をブラさない

前回、投球時の投球姿勢で大事な点は「体幹」だと書きました。

これはペタンクばかりではなくボールを投げる、打つ動作を行うスポーツでは、「体幹」のブレをなくすことはごくごく当たり前の基本姿勢として注目されています。例えばTVで実況中継放送を観ていて野球でのピッチングとバッテイング、ゴルフでのドライバーのスイング。体幹のブレが少ない姿勢での違いが見てとれます。

 ペタンクの投球でも「体幹」をブラさないで腕を大きく、加速度を上げて振り抜くことが出来るかどうかがポイントでしょう。注目すべき点は円運動での角速度を上げる、遠心力を大きくする、加減することが出来るかです。

 投球する腕と、反対側の投球しない腕。投球時にこの左右の腕の動きで左右の体側、肩を前後左右に動かさないことが重要なのです。

姿見の鏡やガラス戸に自分の身体を映してみるか、スマホのカメラで動画撮影すると投球姿勢、体幹がぶれているかどうかがよく観察できます。「体幹」をブラさないで投球することで投球方向の正確度や距離感覚が向上すると思います。



さて、海外のペタンク大会に参加し、挑戦し、活躍する若い人たちが増えればうれしいのですが、なかなかそうもいかないようですね。
 FJPBのブログ「2019.05.07」の日付で発表された「海外で開催される大会の案内」の掲載記事。開いてみると、7大会のうち、6大会はすでに終了している「開催された大会」の紹介でした。
残念ながらこれから「開催される大会」はフランスの南地方、地中海に面した避暑地PALAVASでの女子大会の一つだけ。
それに参加条件には会員登録の有無が条件になっていないし、手続き等は希望者当人対応(処理)と説明が書き加わっている。これではーー。
個人が挑戦するにはペタンク競技の世界への扉は固く冷たく厳しいようだ。

  

Posted by ペタンクロウ at 23:16Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年04月12日

ペタンク競技を始める

4月も第2週目、4月から新しく年度も変わって、これからペタンクを始める人にとって「初めに大切なこと」は何なのだろうか。
 
ということに真面目に向き合わされる。例年のことだが、いつものように疎かにできない確認事項がある。

一つは「ペタンク」はスポーツであり、ルール、モラル、マナーをないがしろにしないということ。
第二に「ペタンク」は創始者jules Lenoir選手が、健常者も障碍者も同じ場で平等に競技できるバリアフリーの競技として始めたこと。
第三には「ペタンク」はしゃがむ、立つ、歩くという人間活動の基本動作に由来する自然体の運動で、身体の育成、健康増進、健康維持に役立つということ。

 これらのことは当然、誰もが既知の理なのですが、一旦競技試合の時季に入ると、上記の基本三点は忘却され、ただただ競技の勝敗と得点のみに関心が集まり、夢中のペタンクが一年をおえた時点では「小さな金魚が人人鉢の水の中で泳ぐ小さな和金」になっていたことで満足していたを感じることがありはしないだろうか。
 
 ペタンクは世界のスポーツで、老若男女誰もが楽しめる日常生活にある身近なスポーツであること、コミニュケーションが大事なスポーツで、相手選手やチーム選手のことを考えて戦術を作っていくスポーツであること、を忘れないで取り組んでいきたいと心している。
基本姿勢


 はじめにペタンクの立つ姿勢、投球姿勢の作り方、いわゆる投球フォームの基本は自然体で立つことが大事だが、この「自然体」という言葉の意味合いの受けとめ方は人によって違っているのはそれぞれの人間の身体的感覚の違いによるものだろう。
 投球姿勢つくりのはじめとして図のように身体全体の筋肉の緊張をなくし、体がいつでも自由に動くことが出来る立位姿勢を「自然体」として考え、ペタンクの投球姿勢の基本形としている。
ペタンクの競技は、心身ともに健康な体つくりの運動でもある。と心得ている。


  

Posted by ペタンクロウ at 19:24Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年03月19日

彼岸です。

3月19日、火曜日、お彼岸ですね。でも花粉症に罹っている人は外に出るに出られず------お察し申します。

仙台は冬季降雪量は比較的少なかった故か春の温かさは早めなのでしょうか、杉の花粉は大拡散、桜花の開花便りもいつもより早いようです。
ペタンク競技も4月のシーズンを迎え、各地で競技会が開催されていきます。早くもフランスではクラブ対抗の大会が開催されています。
杉の花粉が集積


今年は一歩前へ進んでいく気持ちを大切にペタンクの投球技術のレベルアップに取り組んでみませんか。

ペタンク競技では試合の後、イメージした通りの投球ができた場面を今一度想い起します。そして確認のため再度投球してイメージ通り再現できればレベルアップになるし、「爽快感」「充足感」を十分に得ることが出来ます。
投球技術のレベルアップは「モノマネからでは上達しない。自らの体験感覚の積み重ね」でしょう。
勝ち負けは一つの結果として受け止められるようになれば良いと思います。(拙書「ペタンクの投球法」を参考にして頂ければ幸いです。)


  

Posted by ペタンクロウ at 17:54Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年03月05日

ペタンクしませんか‼

仙台市内に住む60歳以上の方へお知らせ

健康、健康、健康第一と言われる60歳。体に負担の少ないスポーツ、フランス生まれのスポーツ「ペタンク」試してみませんか。
費用は会場までの交通費だけ、参加費用はゼロ。現在80歳,90歳の方もいます。
申し込みはお早めに。
応募方法は「仙台市政だより3月号」の21ページをご覧ください。
亀岡老人福祉センターと大野田老人福祉センターの「趣味の教室」で週1回行っています。15日までです、お早めにお申し込みください。
 

  

Posted by ペタンクロウ at 00:38Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年02月21日

2024年オリンピック種目に「ペタンク」?

2024年パリ・オリンピックの競技種目に「ペタンク」は落選し、次の4種目の競技が採用されたようです。
登山競技。スケート・ボード。サーフィン。ブレーク・ダンス。

選考の理由や基準は不明です。
「ペタンク」競技が世界的に知られる魅力的なスポーツとして注目されるのには驚異的で画期的な取り組みや体制がなされなければマイナー・スポーツとして、その存在価値は変わることなく、いつまでも続くでしょう。
  

Posted by ペタンクロウ at 23:52Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年02月15日

2024年パリ・オリンピックで

パリからの通信です。

ペタンク競技が2024年パリ・オリンピックの正式競技種目になるか?

2月21日オリンピック委員会から発表されるということです。注目です。
  

Posted by ペタンクロウ at 15:30Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年02月14日

上腕三頭筋を鍛える

パソコンが些か不具合で投稿が遅れてしまいました。お詫びします。

上腕三頭筋って筋肉ですが、ボールを投げる時バックスイングでボールを持った腕を後ろに引き上げるのに使う大事な筋肉です。この筋肉が弱いとボールを後ろに十分に引き上げることが出来ないため、ボールが前方に来てから力を入れてバランスを崩してしまうのです。その結果はボールの方向が内側に向いて左方向に飛んでいくのです。

 上腕三頭筋の鍛え方はボールを持った腕を真っすぐ上に伸ばしまま肘から先の腕だけを曲げ伸ばしします。結構きついですので、ゆっくり10回程度の曲げ伸ばしでやめるのが良いようです。ぜひ試してみてください。
 成果はバックスイングが比較的楽になるのと、ボールの飛距離が伸びると思います。ダウンスイングのスピードが増して遠心力が大きくなるからでしょう。



  

Posted by ペタンクロウ at 19:24Comments(0)ペタンクの競技

2019年02月06日

投球時、上腕三頭筋って?

立春を終えてもまだまだ春は遠いですね。

でもペタンクをする人にとっては今が身体を鍛える大切な時期と言えるでしょう。
日頃、動きが疎かになっている筋肉を鍛える時期だと思います。

 ペタンクの投球では、全身の筋肉を稼働するのがよいのですが、どうしても投球時に力の入る筋肉があります。運動量の多い人にはさほど苦もなりませんが、それでも力にだけ頼って投げていると、全身の筋肉のバランスを取った投げ方が身についていないため長時間の試合では後半疲労が重なり、破綻をきたすことになります。

 筋力の持久力はペタンクの試合では大切な要素です。それは体幹が十二分に安定した筋力を保持することなので体幹に関わる深層筋肉を意識的に鍛錬する必要があります。
 またペタンクの投球時に必要でも日常の生活では余り使われない筋肉があります。こうした筋肉も鍛錬しておくと、普通の身体の動きにも有効に働くと思います。

 ペタンクの投球時の腕の働きですが、上腕二頭筋(肩から肘までの腕の、力こぶの出る筋肉)=主働筋=と上腕三頭筋(上腕二頭筋の反対側、後ろにある筋肉)=拮抗筋=の働きが主要な筋肉で、腕を後ろに引くバックスイング時の主な筋肉が上腕三頭筋なのです。
 この上腕三頭筋の動きを柔軟にし、可動範囲を広げれば腕を振る円運動の遠心力が安定してきます。では、この上腕三頭筋を容易に鍛える練習方法はあるのでしょうか。
上腕三頭筋


(次回)
  

Posted by ペタンクロウ at 14:11Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年01月30日

今年の世界選手権大会はー

FIPJP(国際ペタンク・プロヴァンサル競技連盟)は1月28日
下記の競技大会の開催日程を公表しました。

①世界ペタンク選手権大会

開催日時:2019年5月2日~5日

開催場所:スペイン・アルメニア州エル・エヒド市(EL Ejido)

競技種目:女子、男子別にシングルス、ダブルス、混合ダブルス

 この大会の開催事項に関する情報は、スペイン・ペタンク連盟のfacebookで通知されます。


②女子、ジュニア世界選手権大会

開催日時:2019年11月4日~11日

開催場所:プノンペン市内

競技種目:女子,ジュニア


しかしカンボジア国スポーツ大臣は大会の日程を
11月14日~11月18日(ジュニア)11月18日~11月21日(女子)に変更する
意向を持っており、最終的には2月末に決定され、発表される。と伝えられています。


https://www.Fipjp.org/index.php/fr/8-informations-fr/171-mondial-tat-doublette-mixte
  

Posted by ペタンクロウ at 23:01Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション