2020年02月10日

雪は降らないがーー。

今年は本当に温かい。雪は殆ど降らないし、氷も張らない。窓ガラスの結露もない。仙台は1月なのに雨降りであった。
 しかし、2月に入ると寒波が漸くやってきて、このところの寒さが厳しくなってきた。
地球は年々異常な状態に変化してきているのだろう。災害の規模も昔の災害の何倍もの規模で被害が出て全く予測が出来ないという。
 今年は降雪量が少ないから夏には渇水になるだろうと予測されているようだ。地球規模で温暖化、CO2の影響が出始めているという。

 仙台では最高気温が一桁の5℃前後。ペタンクのボールを握ってプレーするにはまだ無理がある。
そういうことなので今はペタンクの投球にも健康の維持にも必要な筋肉を鍛えるストレッチをそろそろ終えて、投球練習を始める順序としてシャドウ・トレーニングに移ろうかなーーという時期にはなってきている。

 ペタンク投球で大切なのは投球に必要な筋肉をキチンと意識して動かすことである。投球フォームを自分のものにするためにも投球動作のルーチンを繰り返し行って身に着けることだろう。筋肉は決して記憶しない組織なので動作の順序=ルーチン=は脳と体の感覚に記憶させなければならないという厄介さがある。同じ動作を正確に何度でも繰り返すことが出来ればよいのだが、結構難しい。ティールが難しいのはその故である。

 そこで正確に同じ動作を繰り返すことが出来るようにし、ボールが同じポイントに当たるように投球練習をはじめること。
まずはじめにすることは、ボールを投げた時、投球フォームが崩れない、この練習から始め、ボールを持った腕を思い切り大きく振り回してみます。恐らく上半身はぐらぐら動き、踵は浮き上がり、膝に重力を感じることになります。この時、身体の重心の位置を感じ取ることが出来ます。身体全体の感覚が鋭くなるようにしたいのです。この投球動作の感覚が得 られるようにするのがこの時期のポイントです。(続く)  
  

2020年01月02日

2020年明けましてあめでとうございます

年が改まり、2020年になりました。みんなで喜び、みんなが楽しい年になりますように頑張りたいと思います。
2020年東京オリンピック開催年ですね、
 ペタンク競技は採用されませんでしたが、パラリンピックでは「ボッチャ」が競技種目になっているようです。この競技がきっかけになってペタンクに注目が集まると嬉しいのですが----。
 今年もペタンク競技が勝敗だけにこだわる競技ではなく、健康維持、増進、そしてコミュニケーションを深める上でも有効であること、また技術の向上の上でもプラスになることを書いていきたいと思います。
 よろしくお願いします。

   

2019年12月29日

早くも

 今年もそろそろ終わり、令和元年さようなら。

消費税が10パーセントになりました。買い物をして支払いをする時、一瞬「ウッ!」と思うのが最近の実感です。みんな今年は良いことが続きましたか。世の中いろいろでしょうが、どこでも「唯我独占」「私の勝手」と言われてはかなわないし、弱者はたじろぐ許りです。経済、政治が大きなところで善くないことを臆面もなく働らき、そのために世の中に困る人が増えるのは嬉しくないです。 

 でも嬉しいことはスポーツ界、例えばゴルフ、女性の活躍が目覚ましく渋野選手、鈴木選手の成績が世界ランキング上位に入るなど
頼もしいかぎりです。またラグビー男子日本代表団が世界選手権大会でベスト8に入るという快挙は今年後半期の大きな話題になり盛り上げてくれました。さて、ペタンク競技界は?というと。

 些か意気消沈ということでしょうか。2024年開催のパリ・オリンピックでの競技種目が今年発表になりましたが、ナント、開催国の競技「ペタンク」が外されたのです。ペタンク発祥の国フランスで開かれるから正式競技種目になるだろうと楽観視していた関係者とファンは衝撃を受けました。根拠のない甘い思い込みだけだったのか。新たに普及計画を検討しなければいけなくなったペタンク界なのです。
 そして日本のペタンク界は先が見えない。それは10年1日のごとく次世代を育てない高齢者集団として競技が連綿と続いているからです。従って会員は増えることなく殆どかわらないのが現実です。今や世界に通用しない集団なのです。いつか若手集団が勢力を増し変革を起こす時が来ると夢に見ています。(笑)

 このブログを読んで戴いた皆さん、ありがとうございます。来年は幸せで楽しい年になりますように。餅と酒に願いを込めて。乾杯。
  

2019年11月28日

寒さが募ります。

 これからは日一日と寒さが増していく季節、東北の仙台では寒くなる一方で気温も10℃以下になると屋外での練習は有害無益?指先が凍えて感覚さえ分らないのではどうにもなりません。風邪をひくだけです。

 やはり寒冷期のペタンク競技は室内で体力の維持、増強に努めるのが一番でしょう。寒い屋外で冷たい鉄のボールを握って投げ、凍えながら頑張ることは避けたいものです。
 ペタンク競技での体つくりの基本は「バランスのとれた筋力つくり」そしてその根幹をなすトレーニングの目的は「ぶれない体幹つくり」だと考えています。腕力、握力をどんなに強くしてもペタンクの投球技術のレベルアップにはつながらないでしょうし、肩甲骨の可動範囲を広くしてバックスイング動作を大きくしてもティールの当たる正確度が上がるとは限りません。
この時期は身体全体の筋肉の動きをバランスのとれたものにするためのトレーニングこそが大切だと考えています。冬場に鍛えておきたいのは「体幹」、この体幹を強くするトレーニングは時間がかかるので、今の時季が最も適切なのではないでしょうか。
 「体幹」を鍛えるトレーニングはいろいろありますが、自分の体に過重な負担がかからない的確で効果的なトレーニング方法を見つけることから始めるのが良いようです。
 そこでいろいろな情報から「体幹」を鍛えるトレーニング方法を検索し、随時紹介してみたいと思います。
  

体幹トレーニング1


  

2019年04月02日

4月1日から

4月2日。
この4月、新年度ということで いろいろな場面で交代や改変がおこなわれる。
平成から令和に改元されたが、諸料金も4月から改変されるようだ。
改元は暮らしに直接影響はないけれども気になるのは各種料金の値上げである。

今日、4月から「ペタンク教室」が開講した。はじめての人に会えることのうれしさ、新しい物事が始まることのときめき、まだ見知らぬ予感を感じながらすべての新しさに心を躍らせている。
10時にはじまったペタンクの講義中途、11時ごろにナント雪が舞いはじめたのにはビックリした。気温5℃、桜前線はどこへやら、みちのくの春は未だ遠い。



ペタンクの競技で一番大事にしているのは心身ともに健全な状態を保持することである。
「全力を出すことに専念する」のではなく「力をバランスよくコントロールできる能力」を維持することを心がけている。
ここでいう「力」は体力、筋力など身体的能力だけでなく知力、理解力、精神力等内的能力も含めて総合的な「力」の調和という意味合いで「バランス」をコントロールできることが大切だと考えている。

「一歩前に、勇気を出して」と新しく参加してくれた70歳の男性。
働き疲れだろうか定年を迎える中で長年の「宮使え」にくたびれ、これからは人生大過なく安全に暮らそうという思考が無意識に働き、知らぬ間に消極的になっていくことが多い中で、積極的に「前に一歩」進んで参加した人に賛辞、敬意を表したい。

  

2019年03月11日

あれから8年

2011年3月11日。「東日本大震災」
あれから8年、普通に食事をし、普通に睡眠をとり、普通に物事を考え、普通に公園に行ってペタンクを楽しんでいた、ごくごく普通の日常がこの時からすべてが変わってしまった。
食べ物は、寝るところは、居るところは。
何とかしなければ、何とかしなければーーーと思うだけで庭に張ったキャンプ用テントの中で雪が降る夜は寒さに震えているだけだった。 何事も一つとして変えられなかった日々の連続。
他人に話してもどうにもならないし、何の解決にもならない。
すべてがこの世の終わりかとさえ思ってしまっていた時期。
救ってくれたのは、数人の友人の物心両面の熱い支援だった。忘れることは決してない、嬉しい恩義になった。
おかげで立ち直ることが出来て、今も心底感謝している。

8年、深く心に刻まれたトラウマ。少しづつ癒えてきているのかもしれない。このことを書けるということは。

ペタンク、今は東北のこの地でどれだけ多くの人に励ましや助けや力になれるのか模索している。


  

2019年01月01日

明けましておめでとうございます。

2019年、明けましておめでとうございます。
 全国的に静かな、佳いお正月を迎えたことと思います。今年は「平成」という元号、最後の年と言われますが、ペタンクに親しんでいるものにとって関心は余り強くはありません。
 それよりも今年は2019年。来年の2020年の東京オリンピック、そして次の2024年パリ・オリンピックに強い関心があるのです。それとペタンクを含めてスポーツのしやすい社会環境がどれほど広がっているか――に関心があります。何故って?スポーツは社会が平和で豊かでなければできないからです。

FIPJPは2019年の大会スケジュールを次のように公表しています。
5月1日~:世界選手権大会(ダブルス、混合ダブルス)=スペイン・アルメラ=
11月4日~:世界女子選手権大会(トリプルス+tir)+ジュニア選手権大会(トリプルス+Tir)=カンボジア・プノンペン=
12月X日~:アジア選手権大会(トリプルス+tir)=ベトナム・ハノイ=

また2024年パリで開催されるオリンピック大会で追加される競技種目のリストは、今年2019年3月末に開かれるオリンピック委員会で公表され、2020年東京オリンピック大会の期間中に開かれるオリンピック委員会で最終的に競技種目が決定されるという段取りになっているようです。
フランスのスポーツ専門放送局のRMCTV局で追加競技種目の候補に挙がっているペタンク、ビリヤード、空中遊泳競技、ブレーク・ダンス、5人制野球(手打ち)について取り上げ、話題にしていたことがFIPJPのブログに掲載されています。(fipjp.org/index/fr)

2019年、間違いなく世界のペタンク競技界は2024年のパリ・オリンピックに向けて大きく動き始めているのです。


  

2018年08月14日

暑い夏ですね。

ペタンクの夏
あついですね。ペタンク競技にとってはやり切れない暑さです。全国の多くの場所で40℃に近い気温というのは異常です。成人の標準体温は36℃なのですから。
皆さん、屋外での猛暑対策はどうしていますか。

先に記した小生、積年の蓄積疲労から来た背骨の障害「脊柱管狭窄」は、腰から下の筋肉、神経等に激痛が走り、歩けなくなるという病気。
そして日本でこの病気の根本的治療を行える高度の医療機関はさほど多くはないということを知ったのは最近。幸いにも、小生の近隣にこうした数少ない医療機関の一つがあり、遠地から数多くの患者さんが来院していることも改めて知ったのも最近の事実。驚きでした。

入院して間もなく手術、その翌日には何事もなかったかのように痛みもなく普通に歩行できたのが我ながら信じられず、嬉しさと興奮が暫く続いたのを今でも忘れることができませんでした。

  筋肉は少し切れても繋げるというが神経は一度壊れると復活は出来ないという。早めの対応と決断こそが最良の賢明な選択だとつくづく思わされた。退院は2週間後で、後はリハビリに懸命に努めるだけの日々である。ほぼ3か月位はかかるらしい。

以上、きわめて個人的な貴重な経験だが、今回の病気はペタンク競技から起きた障害ではないことだけは言っておきたい。高齢者にとっての積年疲労の結果なのだから。

太白山



  

2018年07月22日

小憩します

小生、積年の蓄積疲労から背骨に障害が生じ、腰から下の筋肉、神経等に激痛が定在しはじめました。それでこれらの部分を切開削除することにしました。まあ旧車のメンテナンスのようなものと思っています。
 したがって、このblogはしばらくお休みさせて頂きます。勝手至極で申し訳ありません。
 1日も早い再起を目指しています。その節は宜しくお願いします。
皆さま、例年にない極暑の折、屋外でのペタンク競技には十二分に留意して体調を壊さないようホドホドにお願いします。  

2018年07月03日

悔いなき闘い

 深夜の3時過ぎ、日本中多くの人々がテレビをつけてサッカーを観ていた。多分今日の日中、うつろな眼の人が居たら間違いなくサッカーをテレビで見ていたために寝不足になった「オツカレサマ」の人であろう。

 3対2でベルギーに負けても納得のいく得点経過で、世界のベスト・エイトの壁は厚いことを知らされたのである。
 試合が終わった時点で、「もし、あの時ーーー」の考えは沢山あったし、1時間半の長時間持続できる並々ならぬ体力の課題も重要性も見えていて今後に興味を深める試合となったことは確かである。負けてマイナスイメージになったものはなかったのでなかろうか。万感の意を込めて「アリガトウ、ゴクロウサン」と素直に称賛すべき試合だった。これからの日本のサッカーにつながる光が見えてて快かった。