2018年07月03日

悔いなき闘い

 深夜の3時過ぎ、日本中多くの人々がテレビをつけてサッカーを観ていた。多分今日の日中、うつろな眼の人が居たら間違いなくサッカーをテレビで見ていたために寝不足になった「オツカレサマ」の人であろう。

 3対2でベルギーに負けても納得のいく得点経過で、世界のベスト・エイトの壁は厚いことを知らされたのである。
 試合が終わった時点で、「もし、あの時ーーー」の考えは沢山あったし、1時間半の長時間持続できる並々ならぬ体力の課題も重要性も見えていて今後に興味を深める試合となったことは確かである。負けてマイナスイメージになったものはなかったのでなかろうか。万感の意を込めて「アリガトウ、ゴクロウサン」と素直に称賛すべき試合だった。これからの日本のサッカーにつながる光が見えてて快かった。
  

2018年07月01日

議論を呼んだ日本のサッカー

 サッカーのワールドカップ、2018年ロシア大会が開かれている。
4チーム1グループでリーグ戦、3試合が行われ、上位2チームが決勝トーナメント戦に進むという仕組みになっている。この仕組みはペタンクの試合と同様なので、ペタンク競技に関わっている人には容易に理解できる。

 さて、ペタンク競技でも時間制限制を採用した大会が開かれることがある。こうした大会では最後まで楽しくペタンク競技に興じることが出来たという話は多くは聴こえてこないのである。理由は簡単、時間稼ぎで容易に勝利をモノにすることが出来るからだ。
 今回の日本対ポーランドのサッカー戦、試合後半になって日本が0対1で負けていても、得点数と違反数の多少で上位2チームに入るかどうかが決まるというルールを考え、残り10分をパス廻しで時間を稼ぎ、僅差で上位2チームに留まるという戦術を選択したのである。
 ここに論議が生じた。
 
 勝敗を決めるルール上の定めを利用し、1点でも減点が少なければ勝ちなので、その時点で試合そのものを止める、即ち「終了時間待ち」の戦術をとったのである。積極的勝利の戦いの放棄である。
 これはあくまでルールに則った戦術だから、勝敗を目的にしている試合では間違いではない。という意見。
しかし、潔さと誠実さ、真剣さを標榜している日本のチームという印象がある中で、スポーツマンシップの観点から些か疑問を感じる。という考え方。
 いずれにしてもこの試合は胸にストンと快く落ちるほどの気持ちよい勝利ではなかったことは確かで、観客は観ていてストレスがたまり、楽しい試合ではなかったようだ。

 最近、社会的に多方面でストレスが多すぎる。このサッカーの試合ではルールが守られているので、意味が全く違うけれども、権力を背景に狡るさ、あくどさ、険しさが王道かのように他人に振る舞う人間達が多すぎはしまいか。悪性の感冒ウイルスが広がるように、類が類を呼ぶようにあっては欲しくない事象である。

 お互いに人としての尊厳を大切にし、心を柔らかく優しくある方が居心地よく幸せだと思うのは私だけなのだろうか。
  

2018年03月13日

早くも7年が経ちました。

3月11日。今から7年前、2011年3月11日14時46分。

この日は1年365日の中で最も忘れることが出来ない日です。東日本大震災。

肉親,縁戚、知り合いなど人の命と、営々と築いてきた家屋敷と財産を一瞬のうちに失った人達の悲しみはは測り知れないものがあります。
この日、いずこのTVの画面にも冷酷に映し出される「あの日」の津波の襲来の情景。

 決して消えることのない心の傷、そして未だに生きることに今なお非情な苦難を受けている人にとってはいたたまれない情景の映像なのです。

 だから負の遺産は、観ることのない「ストーリー」として語り部の形で語り継ぐ覚悟が出来ても、津波の襲来の映像と悲惨な被害の現実をそのまま残すことは大きな苦痛とトラウマの復元になり耐えることが出来ないことなのです。自分自身、当時の津波の映像はまっとうに正視することが出来ません。ひどく気持ちがざわついてきて落ち着かなくなり、辛い、ある一種の恐怖に襲われるからなのです。

 福島の原発の崩壊で発生した放射能の被害は7年を経ても少しも解決していません。100㎞b以上も離れている仙台市内の放射能測定器は「0.06~0.08」μsbtシーベルトの数値を変えることなく毎日示し続けています。これが現実です。
仙台市役所前の放射線値測定器


 そのような日々、ナンデ、突然に亡くなるノ。あれほど元気でいた知人が?心臓由来の死因?とか胃癌?とかと聞いてひどく不安に駆られるのです。これは昨今の情報です。放射能の影響か否かはわかりませんが、気持ちはよくないのです。

21世紀が少数の人間の勝手で悪魔の世紀にならないように。と願っています。


  

2018年02月27日

ペタンク始めませんか。

 今年はホントに雪が多く寒さも厳しい冬将軍のお出ましです。地球温暖化説を否定するかのようにローマなど世界各地から降雪のニュースが流れています。またインフルエンザの流行も伝えられています。いろいろと気を付けないといけない季節です。

 注目のピョンヤン冬季オリンピックも終わり、間もなく3月になります。3月--、3月は11日、決して忘れることはない、あの地震から早くも?7年の歳月がたちました。東日本大震災時に起きたすべての物事は脳裏に深く刻み込まれていて消えることも忘れることもないでしょうが。あらためて犠牲になられた方々に心より哀悼の意を深くするものです。決して原状に戻ることはないにしても復興を願い続けたい。

 ここのところ寒さが続いてて身動きがママならずコタツ愛好者になりがちですが、60歳以上の皆さん、楽しみながら出来る健康作りのスポーツ、ペタンクをはじめてみませんか。ペタンクは見た目にはハードなスポーツではありませんが、エネルギーの消費量と身体能力のレベルアップには効果があります。試してみてください。

 4月からはじまる「ペタンク教室」は60歳以上の方ならどなたでも参加できます。700g程度の鉄球を6m~10m先に投げるゲームですので、車椅子で歩行している方でもボールを投げられれば参加できます。仙台市が発行している「市政だより」3月号「仙台市の老人福祉センターの行事」の欄に参加申し込みの手続き方法が記載されています。往復ハガキに所要事項を記入して郵送していただければOKです。受講料は0ですが、新規先着申し込み優先です。



写真は昨年の「ペタンク教室」です。
 


                    
  

2018年02月19日

カーリングとペタンク

隣の国韓国では「平昌冬季オリンピック」が開催され、テレビや新聞等で競技の模様が伝えられています。
 オリンピック競技で金銀銅のメダルを獲得するのは大きな名誉だと思います。各選手は並々ならぬ精進努力の一つの成果としてメダルがあり、そこには沢山の人々が関わってきた沢山の逸話やストーリーがあるようです。
 今、カーリング競技がTVで放映されています。日本の選手、チームが活躍していますが、フッーと考えたら、この冬の長い東北でも余りカーリング競技に出会うことは少ないですね。
 競技人口と、カーリングの出来るスケート場が圧倒的に少ないことでしょうね。
 カーリングは氷上競技ですが日中、屋外で気軽に出来るペタンクはまさにカーリングの陸上競技版でしょう。
 カーリングは平面上の競技ですが、ペタンクは3次元の空間競技ですので難易度でいえば、全く別の面白さがあるようです。
 暖かくなったら屋外でペタンクしてみませんか。
的玉とボール




 
  

Posted by ペタンクロウ at 19:20Comments(0)ペタンクと暮らし

2016年04月29日

気持ちの良い天気が



4月下旬、仙台は良い天気が続いています。時折、ヒヤッ!とした冷たさが頬を撫でるように風が吹きますが、比較的爽やかな季節だと思います。
 同じ「センダイ」でも「さつませんだい(薩摩川内)」のある九州は熊本県を中心に1000回以上の地震が連続しています。体も気持ちも落ち着くところがないのは大変辛いことだと思います。遠くに在って、無力な者の出来ることは僅かな寄附、そして、ただただ地震が1分でも早く終息することを祈っています。被災されている皆さんが1日でも早く安全安心な環境になりますことを願っています。

 仙台市太白区にある「大野田老人福祉センター」、毎週水曜日の午前中、ペタンク競技の教室が開かれています。親切な仲間が多くて和やかな事この上なし、楽しさをウリにしています。今なら若干名余裕があります。心と体と時間に余裕のある方来てみてください。交通費は自己負担ですが。

  

Posted by ペタンクロウ at 11:47Comments(0)ペタンクと暮らし