2020年02月10日

雪は降らないがーー。

今年は本当に温かい。雪は殆ど降らないし、氷も張らない。窓ガラスの結露もない。仙台は1月なのに雨降りであった。
 しかし、2月に入ると寒波が漸くやってきて、このところの寒さが厳しくなってきた。
地球は年々異常な状態に変化してきているのだろう。災害の規模も昔の災害の何倍もの規模で被害が出て全く予測が出来ないという。
 今年は降雪量が少ないから夏には渇水になるだろうと予測されているようだ。地球規模で温暖化、CO2の影響が出始めているという。

 仙台では最高気温が一桁の5℃前後。ペタンクのボールを握ってプレーするにはまだ無理がある。
そういうことなので今はペタンクの投球にも健康の維持にも必要な筋肉を鍛えるストレッチをそろそろ終えて、投球練習を始める順序としてシャドウ・トレーニングに移ろうかなーーという時期にはなってきている。

 ペタンク投球で大切なのは投球に必要な筋肉をキチンと意識して動かすことである。投球フォームを自分のものにするためにも投球動作のルーチンを繰り返し行って身に着けることだろう。筋肉は決して記憶しない組織なので動作の順序=ルーチン=は脳と体の感覚に記憶させなければならないという厄介さがある。同じ動作を正確に何度でも繰り返すことが出来ればよいのだが、結構難しい。ティールが難しいのはその故である。

 そこで正確に同じ動作を繰り返すことが出来るようにし、ボールが同じポイントに当たるように投球練習をはじめること。
まずはじめにすることは、ボールを投げた時、投球フォームが崩れない、この練習から始め、ボールを持った腕を思い切り大きく振り回してみます。恐らく上半身はぐらぐら動き、踵は浮き上がり、膝に重力を感じることになります。この時、身体の重心の位置を感じ取ることが出来ます。身体全体の感覚が鋭くなるようにしたいのです。この投球動作の感覚が得 られるようにするのがこの時期のポイントです。(続く)  
  

2020年01月02日

2020年明けましてあめでとうございます

年が改まり、2020年になりました。みんなで喜び、みんなが楽しい年になりますように頑張りたいと思います。
2020年東京オリンピック開催年ですね、
 ペタンク競技は採用されませんでしたが、パラリンピックでは「ボッチャ」が競技種目になっているようです。この競技がきっかけになってペタンクに注目が集まると嬉しいのですが----。
 今年もペタンク競技が勝敗だけにこだわる競技ではなく、健康維持、増進、そしてコミュニケーションを深める上でも有効であること、また技術の向上の上でもプラスになることを書いていきたいと思います。
 よろしくお願いします。

   

2019年12月29日

早くも

 今年もそろそろ終わり、令和元年さようなら。

消費税が10パーセントになりました。買い物をして支払いをする時、一瞬「ウッ!」と思うのが最近の実感です。みんな今年は良いことが続きましたか。世の中いろいろでしょうが、どこでも「唯我独占」「私の勝手」と言われてはかなわないし、弱者はたじろぐ許りです。経済、政治が大きなところで善くないことを臆面もなく働らき、そのために世の中に困る人が増えるのは嬉しくないです。 

 でも嬉しいことはスポーツ界、例えばゴルフ、女性の活躍が目覚ましく渋野選手、鈴木選手の成績が世界ランキング上位に入るなど
頼もしいかぎりです。またラグビー男子日本代表団が世界選手権大会でベスト8に入るという快挙は今年後半期の大きな話題になり盛り上げてくれました。さて、ペタンク競技界は?というと。

 些か意気消沈ということでしょうか。2024年開催のパリ・オリンピックでの競技種目が今年発表になりましたが、ナント、開催国の競技「ペタンク」が外されたのです。ペタンク発祥の国フランスで開かれるから正式競技種目になるだろうと楽観視していた関係者とファンは衝撃を受けました。根拠のない甘い思い込みだけだったのか。新たに普及計画を検討しなければいけなくなったペタンク界なのです。
 そして日本のペタンク界は先が見えない。それは10年1日のごとく次世代を育てない高齢者集団として競技が連綿と続いているからです。従って会員は増えることなく殆どかわらないのが現実です。今や世界に通用しない集団なのです。いつか若手集団が勢力を増し変革を起こす時が来ると夢に見ています。(笑)

 このブログを読んで戴いた皆さん、ありがとうございます。来年は幸せで楽しい年になりますように。餅と酒に願いを込めて。乾杯。
  

2019年12月20日

体幹トレーニング・2

  冬季間に「ペタンクの投球」が容易になる身体つくり、勿論健康維持のためでもありますが-、有効なトレーニングの方法について書いてみます。 

トレーニングの主な目的は体幹を中心に筋肉の可動範囲を広くし、バランスよく筋肉の能力を向上させることです。

 ペタンクの投球動作では腕を振ってボールを投げるので、腕の筋肉を中心に強化すればよいと考え、まさに「小手先」の技術向上に取り組んでしまうことになります。すると、身体全体でバランスのとれた筋力、運動能力、フォームには程遠いものになっていくようです。
 初めに小手先だけのトレーニング方法を覚えて、そこそこ上手になったと思い込んでしまうと、悪いことに身体全体のバランスのとれたトレーニング方法がなかなか身につかないという弊害が出てくるようです。

 身体の運動の中心は体幹にあり、この体幹の筋力が十分にバランスの取れたものになっていないと運動能力の限界を早めに感じることになるようです。

 前回、紹介した「体幹トレーニング」はよく知られている筋力トレーニングの方法のひとつですが、これはまず犬猫のように四つん這い
になってから手と脚を左右交互に、呼吸に合わせて、ゆっくりと上げ下げする運動をそれぞれ10秒程度静止しながら行います。回数は3回以上が目安ですが、筋肉が疲れる時は1回だけでも良いようです。

 毎日続けることが肝要なので、入浴後、体が温まっている時に行うと効果的です。 
 小生は夜、入浴後就床前に行っています。少し疲れて寝つきもよくなるというオマケも付きます。
  

2019年11月28日

寒さが募ります。

 これからは日一日と寒さが増していく季節、東北の仙台では寒くなる一方で気温も10℃以下になると屋外での練習は有害無益?指先が凍えて感覚さえ分らないのではどうにもなりません。風邪をひくだけです。

 やはり寒冷期のペタンク競技は室内で体力の維持、増強に努めるのが一番でしょう。寒い屋外で冷たい鉄のボールを握って投げ、凍えながら頑張ることは避けたいものです。
 ペタンク競技での体つくりの基本は「バランスのとれた筋力つくり」そしてその根幹をなすトレーニングの目的は「ぶれない体幹つくり」だと考えています。腕力、握力をどんなに強くしてもペタンクの投球技術のレベルアップにはつながらないでしょうし、肩甲骨の可動範囲を広くしてバックスイング動作を大きくしてもティールの当たる正確度が上がるとは限りません。
この時期は身体全体の筋肉の動きをバランスのとれたものにするためのトレーニングこそが大切だと考えています。冬場に鍛えておきたいのは「体幹」、この体幹を強くするトレーニングは時間がかかるので、今の時季が最も適切なのではないでしょうか。
 「体幹」を鍛えるトレーニングはいろいろありますが、自分の体に過重な負担がかからない的確で効果的なトレーニング方法を見つけることから始めるのが良いようです。
 そこでいろいろな情報から「体幹」を鍛えるトレーニング方法を検索し、随時紹介してみたいと思います。
  

体幹トレーニング1


  

2019年11月17日

ワールド・マスターズ・ゲームって?

ワールド・マスターズ・ゲームズって何だろう?

ワールド・マスターズっていうのは、35歳以上の陸上競技等の選手を対象にした世界大会だけれども。

そこで少し調べて分かったのは、

この「ワールド・マスターズ・ゲームズ」とうのはオリンピック競技にない競技種目の世界大会。おおむねオリンピック開催の翌年に開催していて、中高年の選手を対象に開催している国際スポーツ大会らしい。そして、この世界大会が2021年に日本(関西)で行われるという。

 それで「ペタンク競技」はーーーというと、35競技59種目の競技ではなく、オープン競技の30種目の1つになっているらしい。が、日本での開催を主宰する団体がどこなのか、実行委員会があるのか公表されていない。なのにリハーサル大会が先日西ノ宮市で早くも開かれているのだ。
テレビにも新聞にも情報が伝えられていない。「世界」という冠名がついているけれど、どうやら実はマニアックな人たちの小集会なのかな。わからない?
  

Posted by ペタンクロウ at 23:26Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年10月20日

(続報)台風19号の災害

前回の投稿では、ペタンク教室を開いているところの施設、老人福祉センターの災害状況をお伝えしましたが、その災害の状況写真です。
裏山の崖が崩落し、更に土砂が崩れる恐れがあるのでブルーシートで覆われています。建屋の周辺は危険ということで10月一杯臨時休館となりました。11月1日(金)からの開館となりそうです。







  

Posted by ペタンクロウ at 23:30Comments(0)コミュニケーション

2019年10月18日

台風19号の災害は、

 台風19号は日本列島に大きな災害を残して去っていった10月13日。
台風15号が千葉県全域に甚大な被害を及ぼしたばかりなのに、それを上回る更に大きな規模の巨大台風が東京都をはじめ関東一円、そして東北にも災害をもたらしたのである。1都7県55河川が被害を蒙ったというニュースが伝えられている。

 2酸化炭素ガスなど温室効果ガスの放出が原因で地球の温暖化が急速に進み、気象の変動が著しいと言われているにも関わらず、その改善施策、取り組みは殆ど進んでいないのが現在の世界。この課題はグローバルな課題だけに解決が難しいと言われているが、事態は悪化の一途を辿っているようで、その影響で気候変動が急速に進んでいるのではないかと危惧されている。
 今回の19号台風の大きさと強さは過去の記録にないほど膨大なものになったのは、こうした気候変動の一つの現れとも言えなくもない。

 今回の19号台風でペタンク教室を開いている施設の老人福祉センターが災害を蒙ったのである。建屋の裏山の崖が崩落、土砂が落ち、樹木が倒壊して建屋のボイラー、水道設備等を壊し、断水したという。13日、危険個所としてセンターの業務停止、閉館の措置が取られた。その故、急遽ペタンク教室も一旦休講、10月一杯お休みとなった。人災が無かったのが幸いだった。1日も早い復旧と担当職員の皆さんの安全をお祈り致します。ご苦労をおかけします。
 今回の台風襲来を前に機を同じくして、この愛用のパソコンがフリーズ。タッチ・パットが機能不全でマウス動作が全く出来なくなっ てしまった。
親戚でその道に詳しい人がいたので相談し、解決の方法を教えてもらい、漸くに復旧した次第。おかげで今こうして投稿をしています。
 いくら愛用しているといっても酷使の故だろうか、パソコンから抗議のストライキを受けたものと理解し反省しています。トホ。
  

Posted by ペタンクロウ at 23:24Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年09月27日

快挙‼生きがい健康祭ペタンク交流大会で優勝

9月26日開かれた第22回仙台市高齢者生きがい健康祭「ペタンク交流大会」に参加した「老人福祉センターのペタンク教室の受講生で編成したチーム」が優勝したと言う朗報が届いた。


 ペタンクを始めて未だ1年、3年の人の真面目さと熱心さが実を結んだと思っている。率直に嬉しい思い。昨年に続いて同じペタンク教室からの優勝なので皆の励みにもなるし、自信にも繋がると思う。

 教室でペタンク競技は高齢者の健康維持の運動として取り組み、勝敗は一つの経緯であり、目的にはしていない。それは
 ペタンクの投球技術の向上を図ること、身体の運動機能を十分に働かせることで健康維持を主眼に取り組んできた、その一つの成果かも知れないと思っている。
 高齢者にとって「健康で長生き」こそ大事なことはないのだから。
  

Posted by ペタンクロウ at 00:36Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2019年09月11日

ペタンクのルールは世界共通が常識。

台風が関東地方を直撃、強風による被害がでた。そして10日、台風一過で暑い初秋の空気が日本を包んだ。

今更だがペタンク競技は世界のスポーツの一つである。それを余りよく知らないからと言ってペタンクを小さな世界に閉じこめていいとは思ってはいない。
スポーツの種目は陸上競技をはじめ、世界的にはサッカー、ラグビー、ゴルフ等々多種目に亘っていて、ファンは大勢いる。

 どんなスポーツにも歴史があり魅力がある。そのスポーツがどれだけ広がるかどうかは関わる人たちの工夫と熱意如何だろう。しかし幾何でも利益を得ようとする意識の強い人がいれば決してそのスポーツは多くの人から支持されることはないことは歴史を顧みればよくわかる。
日本のペタンク競技に関わってきた人たちの歩みは、人間の欲望と願望の弛まざる世界を見せている。何よりも現実の数字がそれを物語っている。

 日本のペタンク競技が世界のペタンク競技の在り様と違おうとしているのは何故なのだろうか理解に苦しむ。世界観が違うと言えば、それまでの話である。お国柄ではない、お国の事情なのか分からない。いずれにしても世界のペタンク界と異なる方向を向いているのは止めるべきである。

 ペタンク競技は対戦競技である。対戦相手のチーム、選手を尊重し、投球技術を競うことで勝敗を決める競技である。ペタンク競技には世界共通の競技規則がある。その規則条文の内容は選手個人が対戦相手を無視して行う動作、言動等を容認していないし、厳しく禁止している。
 この国際的に統一された競技規則を各国がそれを勝手にご都合解釈、拡大解釈をして、試合を行えば、それは全く別のジャンルのスポーツに変わってしまうのではないか。楽しいはずのペタンクがこうしたことが元でトラブルや紛争の種を撒き混乱を拡大いていくきらいがある。これではペタンクの普及はできはしない。例えばーー 

 今年の「日本選手権大会」もその開催要項に「参加チームに審判員資格を有する者」を参加条件にしている。選手として出場するには「審判員資格」を取得することから始めなくてはならないとは何とも可笑しな制度ではないか。どんな理由があろうとも選手は審判員であってはならない。世界のペタンク競技界で通用するわけがないからだ。これはごくごく普通の常識ではなかろうか。
 しかし、このことに何の疑問を持たない人がいることに驚きを感じる。市井の草野球や朝野球ならイザ知らず、少なくとも「日本選手権」というステージで選手が審判で、審判員が選手とは何とも信じがたいことではないだろうか。ルールのどこに許容認可の文言が記載されているのだろうか。これこそ世界のルールを勝手に変えるご都合主義と言わざるを得ないし、国際連盟のルールを蔑ろにする尊大で専横な態度と思われる。

地方の現場では選手と審判を同一人物が行うことはあり得ないし、そんなことしたら公正も公平も守れる訳がないからだ。常識であろう。



  


Posted by ペタンクロウ at 16:32Comments(0)コミュニケーション