2017年08月11日

選手には審判員資格が必要か


ペタンクは世界のスポーツです。日本独自にルールを作ったり、システムを作るのは勝手でしょうが、喜ばしいことではないと思います。
2017年の第32回日本ペタンク選手権大会の開催要項を見ると、参加を希望するチームの選手には「審判員資格を有する者」が必要だと記載されている。何の説明も公表されない全く意味不明の条件である。常識的に考えてあり得ない条件である。
競技者と審判員が同一人物で、どうして試合中に公正で公平な審判、判定が出来るのだろうか。審判員が選手で、選手が審判員で、競技はどうなるのかね。そんなスポーツ見たことも聴いたこともありません。
 旧知のペタンク愛好者で「ペタンクは相互審判の競技」と根拠不明の信念信条を持ち続けている人がいるだろうけれども、現在のルールを正確に精査すれば、そのように思いこむ要因はなくなったといえる。
旧規則(2010,10・izmir)第30条第2項では「各チームは相手チームに対する確認(ボール、テラン、ライセンスなど)を行う責任がある」とチーム選手相互に監視、確認の責任が記載されていたが、今回の改正でこの項目が削除されたこと。また
旧規則(2010,10・izmir)第25条では両チームが計測出来るが、改定された規則(2016.12・madagascar)では加えて「審判員のみが計測出来ると定めることが出来る」と記載され、審判行為の独立が示されている。
ましてや審判員は今回から違反行為を厳密に監視し、黄色、橙色、赤色の違反カードを適正適時に掲示しなければならないという責務が新たに加わったのである。
このように今回改訂された規則では、審判員の責務と権限は、旧前の規則と比較にならないほど重大で厳正さを求められる内容となっている。とても試合中、選手が片手間に審判、判定できるような安易な規則改訂にはなっていないことである。
ペタンクの競技大会で選手が審判員を兼務するなどあってはならないと思う。選手はあくまで競技に専念してこそ、ペタンクのレベルアップにつながり、競技の醍醐味をみせることが出来るのだと信じたい。
 大会参加資格に「審判員資格」の有無が規定されているのは常識では考えられない発想である。

  

Posted by ペタンクロウ at 18:51Comments(0)ペタンクのルールペタンクの競技

2017年08月03日

2024年のオリンピックはフランス・パリ

3年後の2020年東京オリンピックはいろいろと話題を提供しています。ペタンク競技は採用されませんでしたが、2024年開催のオリンピックはパリで行うことがほぼ決定したというニュースを聞きました。
 2024年パリで行うオリンピックでは間違いなくペタンク競技が採用されるでしょう。その時、もしアジア地域の予選があるとしたら今の日本のレベルでは難しいでしょう。今までにタイ、ベトナムなどの選手と対戦して良い成績を上げたことがないし、今の組織体制では期待は薄い。
 7年後のオリンピック開催時までに若い選手を育成する展望と計画を立て、小中学生を対象にペタンクを普及する情熱を持つ者が増えなければ日本でのペタンク競技はガラパゴス競技となり、少数の愛好者の「ひとりよがり」のままで終わるだろうと懸念している。
 どんなスポーツ競技でも、その種目団体の組織理念の有無で発展するかどうかが決まるのだろう。組織の幹部は直接に競技に参加することではなく、競技全体の発展のために選手の発掘、育成、指導をはじめ、選手全体のレベルアップを目指して取り組みを強め、様々な面でネットワークの構築に専念しなければならないのだろうと思う。今、日本のバスケット競技が組織的にも運営的にも統率され、その結果、以前に比べればリーグ戦としての興味を集め、マスコミにも取り上げられる機会が多くなっているのが何よりの証拠だと思う。
2024年パリオリンピックhttp://www.paris2024.org/en/engagement  

Posted by ペタンクロウ at 01:35Comments(0)ペタンクの競技

2017年06月08日

新ルールの採用

どうして日本ではペタンクの新ルールを1月ではなく10月から採用するのだろうか。

理由は不明である。

既に新ルールは世界では1月から採用実施されている。
改正された競技規則は、全面的な大規模な改正ではないことは、このブログで逐条紹介してきた。
実際インターネット上、YOUTUBEやFACEBOOKなどで公開されている試合の実況画像を見ればわかるようにスムースに競技は展開している。

それが日本だけ10月から新ルールを採用するということはどういうことだろうか。その期間世界のペタンク界と一切交流をしない、試合に参加しないという表明と同じ意思表明になるのでは?それに10月には大概の大会はほぼ終わっているではありませんか。

今回の新ルールの10月実施の決定は、屋外スポーツのペタンクとしての季節的条件や社会的環境、競技大会の開催時季、また世界のペタンク界の動向を配慮しない、特異な閉鎖性が顕らわにしただけのように思えます。

 今、新ルールを採用して競技をしていますが、試合は混乱どころか規律もマナーも秩序よく円滑に進捗できているのが実際です。  

Posted by ペタンクロウ at 01:17Comments(0)ペタンクのルール

2017年04月26日

「ペタンクの競技規則」の変更まとめ

4月19日、春の明るい便り、桜の開花情報が各地から伝えられている。今は東北地方を北上中、青森県弘前市の弘前城の桜は枝ぶりが大きく周囲の景色と相俟って花の美しさをより増しているようだ。桜の薄紅色が石垣、堀と見事に調和がとれているのがいい。
 
 今回の「ペタンク競技規則」の改訂で、一番大きな変更箇所はビュットの投げ直し禁止と、反則時に黄色、オレンジ、赤の3段階別のカード提示だろうと思う。
 試合中、審判員がカードを提示して反則行為を宣言すれば選手も観客も大会関係者も、誰の目にも明確に判るのだから判定の紛糾で無駄な時間を費やすことがなくなるだろうし、試合進行の円滑さにもつながるだろうと思う。

 35条の罰則規定に該当する反則行為、反則カードが提示される項目をピックアップしてみた。

1、サークルの外に足が出たままでボールを投げた時。(6条)
2、サークルを踏んだまま投げた時。(6条)
3、ボールを投げた時、サークルから足が地面から離れた時。(6条)
4、ティールをする時、ティールするボールの前をキレイにならした選手。(10条) 
5、ボールを投げる時、ボールを拭かないで泥や何かを付けたまま投げた時。(16条)
6、試合中、コートで試し投げをした選手。(18条)
7、1分間の投球時間をオーバーした選手。(21条)
8、足でボールとビュット間の距離を計測した選手。(26条)
9、試合中、審判員の許可を得ないでコートを離れた選手。(32条)

 試合中、審判員は常に目を光らして反則行為があったかどうかを監視していないといけないのかも知れない。大変だ。サッカーやラグビーの審判員と同様に常時、確かな注視と厳正な判断力が求められるのかな。緊張しますね。





 







  
  

Posted by ペタンクロウ at 01:03Comments(0)ペタンクのルールペタンクの競技

2017年04月21日

ペタンク競技規則の変更(9)

4月、全国各地から「桜開花ニュース」が伝えられ、ご当地も桜が満開、明るさが増してきて喜んでいます。屋外でボールを握る感触も戻りはじめ、競技も面白さが増してきています。
さて、4月の年度はじめの忙しさが一段落したところで、漸く規則改訂を再び見ることになりました。

ペタンク競技規則の変更(9)

第39条 悪質な言動
この条項は以前「無作法な言動」というタイトルでしたが、その意味合いを強めて「悪質な言動」と規定し直しています。この改訂の意図は「罰則」の条項同様、フランスをはじめ西欧諸国のTV等で報道されることが多くなったペタンクの試合では選手たちの服装や態度等が問われたのではないでしょうか。
「選手たちはキチンとした服装であることが求められ、とりわけ上半身裸で競技することを禁止する。また安全のためにも足の指先から踵まで完全に保護された靴を履くこと。」そして「競技では電子たばこも含め禁煙とする。同様に試合を通して携帯電話の使用を禁止する」の条項が追加されたのです。

以上、今回改定された競技規則を見てきましたが、その目的は競技の進行の迅速化と合理化を図ったことだと思います。日本でも世界のペタンク球界に遅れることなく敏速に適応能力を高め、国際大会でも成果を上げられる取り組みが求められているのではないでしょうか。

  

Posted by ペタンクロウ at 16:27Comments(0)ペタンクのルールペタンクの競技