2018年11月14日

ペタンク、世界と日本

今年の天候は極めて不順で台風24号、25号と連続来襲、それに地震、豪雨の災害続きである。
 折角の秋晴れの下爽やかにペタンクを楽しもうとしても、思わぬ天候の異変では気が気ではない。

日本ではペタンクの試合は天候次第である。多小の雨なら強行してもいいだろうが、強風、暴風、豪雨とあっては中止せざるを得ない。ましてや
試合中途で天候が急変した場合は、主催者側は大変である。中止、延期、継続等々最適な判断を迫られるのである。

YouTube上でヨーロッパでのペタンク試合風景が投稿されているが、日本と違って雨天荒天の場合、競技大会は殆ど設備をそろえた屋内で行われている。羨ましい限りだ。まあ、フランスのコートダジュール地域、マルセイユ市は地中海気候という恵まれた好天気が続く穏やかな土地柄の故もあってペタンクをするのには絶好のところだけれどもーーー。

 9月13日から4日間、男子の世界選手権大会がカナダの人口2000名未満の村「デヴィアン」で開催された。その模様はFIPJPの公式ページで公表されているが、その画像を見ると広場に巨大なイベント用テントを設営し、コートや客席もそれなりに設置されているのがわかる。
 どれほどの費用がかかったか知る由もないが、さすがと言わざるを得ない。

 さてあらためて日本はと見ると、全天候型のペタンク競技大会専用のコートはない。ペタンク専用の設備の整った常用の会場は全国に一つもない。ペタンクは「どこでも出来る」し、「場所を選ばない」から関係ないのだろうか?

 でも,YouTubeで世界のペタンクの試合大会を観ていると、まるで別の世界である。
 コートは指の爪ほどの小石が散在し、ルーレットやドミポルテでボールを投げようものなら行く先不定になる。このようなコートでどれほど正確なポルテとティールを投げられるか、の練習をしているのが世界の選手達。それに反して日本の選手達は滑らかな地面でルーレットやドミポルテの投球を主にして競技をしているのが現状。これでは他国の選手と対戦して勝てるわけがない。そのことは先日カナダで行われた世界選手権大会での様子を見れば明々白々であろう。今、世界のペタンク投球技術のレベルがどうなのかが示されている。

今、日本では一人でも多く若年層にペタンク競技を普及し、競技人口の底辺を広げることが出来るかどうかがキーポイントなのだろうと考えるが、こうした課題をペタンク組織の幹部は喫緊の課題として取り組もうという認識はあるのだろうかと疑問に思える。

スポーツの世界では妄想や自慢、傲慢は通用しない。現実を直視し、適切な施策を的確に実践しないと、取り返しが付かなくなる。昨今、日本のスポーツ界でその実例をイヤというほど見せつけられている。  

Posted by ペタンクロウ at 19:41Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2018年10月26日

ペタンク競技は高齢者スポーツか

10月26日(金)宮城県シニアスポーツ大会が開催された。
行われた種目はゲートボール、グランドゴルフ、ペタンクの3種目で県内の34市町村から700名の高齢者が参加した。とTVのニュースで伝えられた。
 もはやペタンク競技は高齢者向きのスポーツとして受け止められているのである。宮城県内のペタンク団体、またはクラブには高齢者以外の若年層の人達がペタンク競技に取り組んでいる情報は寡聞にして聞かない。
 普及していない理由は単純明快、ペタンク競技そのものの「宣伝、広報」が青少年に向けて行われていないからである。

地方でも中央でも全国的にこの消極性は変わらないのである。

ペタンク競技人口は公表されていないが、何れの団体も年次財政報告を見れば一定の推測は出来る。2010年約6000名の登録会員は2018年の今、2倍以上にはなっているのだろうか。

2024年パリ・オリンピックでペタンク競技は競技種目に入るだろうけれども、今の日本のペタンクの競技界の情勢を観れば何とも寂しい限りである。と思ってしまう。  

Posted by ペタンクロウ at 19:11Comments(0)

2018年10月24日

日本ペタンク選手権大会終わる

10月13日14日、長崎県諫早市で開かれた大会は好天に恵まれ、滞りなく終わった結果がホームページ上に公開された。
男子、女子、年少の部門別成績が選手の写真とともに掲載されていいる。

写真を観ていてフッと思ったのだが、男子、女子の選手の年齢層である。そういえば開催要項には年齢についての記載条項がない。「ベテラン」とか「ジュニア」という年齢規定を明確にし、それに基づいた年齢別ごとの大会なのだろうかとフと思ったのである。

それと、大会優勝者にはどのような特典とか、賞金とかがあるのだろうか。と思った。優勝者は優勝記念のカップと副賞品、そして名誉を得る。ということで終わりかな?優勝賞金は?世界ペタンク選手権大会に出場する日本代表選手チームになるのかな?と。

日本選手権大会だから、新聞、スポーツ紙とか放送とかメディア、情報に載るのかな?と思ったら一言も伝えられていないようだ。どのようにメディア、マスコミに情報を発信されているのかな?と。



 

    
   
 

 

   

Posted by ペタンクロウ at 16:10Comments(0)ペタンクの競技

2018年10月08日

第1回アジア・ペタンク選手権大会開催

10月、これからはペタンクをするには絶好の季節ですね。
ところで、FIPJPのホームページが10月から模様替えしましたね。
項目がシンプルになって、全体の構成がすっきりし、見やすくなりました。
それと文章の内容が日本語に翻訳され、容易に理解できることです。

それによると、第一回アジア・ペタンク選手権大会が(Asian Boules Sport Confederation - ABSC)アジアブールスポーツ連盟の主催で11月15日~18日インドのOdisha州で開催とのことです。
https://www.facebook.com/AsianBoulesSportConfederation/photos/a.167327460524722/300267823897351/?type=3

エッ、第一回、アジア・ペタンク選手権大会なんですね。


9月カナダで開かれた世界選手権大会(男子トリプルス戦)での日本選手団の成績は42チーム中39位。しっかりと試合後の総括を行って次回の国際試合では良い成績をあげることでしよう。全国のペタンク愛好者が注目するところです。
  

Posted by ペタンクロウ at 00:02Comments(0)ペタンクの競技コミュニケーション

2018年09月18日

上手になりたい、上手くなりたい!

ペタンク、どうして上手くならないの?
結構がんばっているんだけれどもーー、

と、ひとりで悩んでいませんか。

 今、ボールを投げている投球法が、理に適っていない部分、箇所があって上達の道を妨げているのだとしたら---。

 そのことに気が付かないまま練習を重ねていると、折角の上達の伸びしろを抑えてバランスの悪いフォームと見た目も良くない硬直した投球姿勢が固定してしまいます。

 初めてペタンクを教えられる時、ボールを投げるには身体のどこの筋肉をどう使うかを教えてくれません。ただ「こうして下手投げで投げます」等投げ方を見せてくれるだけです。ですから、そのあとは投球法の技術書もないまま、見様見真似で自分で工夫しなければならないのではないでしょうか。

 確かな修正法は 投球風景をビデオに撮って観察してください。投げ始めから投げ終わりまでの投球フォームの変化を見比べてみると身体のどこに力が入っているかがわかります。
 「ペタンクの投球法」を読んでみてください。フォームの作り方、力の抜き方を投球種別ごとに記してみました。

「ペタンクは力を抜くスポーツ」と言われます。「気持ちも筋力も程よく抜いて全身を上手にコントロールする」ことがポイントです。従って力の強い選手、筋肉隆々のペタンク選手はいないのではないでしょうか。決して力の強さが上達の必須的な要素ではないからです。

「ペタンクの投球法」(本体700円)のお求めはEmail(makiik@yahoo.co.jp)でお問い合わせ下さい。








  

Posted by ペタンクロウ at 17:58Comments(0)ペタンクの投げ方